狭心症|健康カプセル!ゲンキの時間

TBSテレビの「健康カプセル!ゲンキの時間」で狭心症について放送されました。

 

血管壁にコレステロールや脂が溜まるとコブ状の塊が作られ血管を梗塞し、心筋に十分な血液を供給できなくなります。この状態が狭心症。高コレステロール、高血糖、喫煙などが原因となり脂のコブが巨大化。血液の流れるスペースが狭くなります。そして、この脂のコブが傷つきうまれるのが血栓です。血栓が血管を完全にふさぎ、血流が滞ると心臓の組織が死んでしまいます。この状態が心筋梗塞。狭心症と心筋梗塞の共通点は胸の痛みです。しかし、狭心症は発作の長さは数分から15分程度で安静にしていると自然におさまります。一方、心筋梗塞の場合は激しい痛みが30分以上続き呼吸困難や失神してしまうこともあります。注意しなくてはならないのは狭心症が胸の痛みだけではないということです。

 

狭心症のシグナル

実は狭心症のシグナルは強い胸の痛みだけではないのです。例えば恋のときめきや失恋した時のような切ない胸のざわつき、左肩のひどいコリや左腕のしめつけ、歯茎や奥歯の不快感など心臓とは無関係だと思えるような場所にシグナルが現れることがあります。

 

隠れ狭心症

こういった症状とは異なる隠れ狭心症もあります。通常の狭心症が冠動脈にできたコブによって血流が悪くなることで起こるのに対し、冠れん縮性狭心症はけいれんによって血管が狭くなって起こります。通常の狭心症は動いた時に発作が起こりますが、冠れん縮性狭心症は夜中から明け方にかけての就寝中や安静時に発作が起こるのが特徴です。そのため、狭心症とは気づかれにくく隠れ狭心症と呼ばれています。

 

狭心症の救世主

血管には血液と直接触れ合っている血管内皮と呼ばれる細胞の層がありNO(一酸化窒素)はここから分泌されています。血管内皮から出されるNO(一酸化窒素)には血管を押し広げ血流をよくする働きがあります。しかし、動脈硬化により血管内皮の機能が低下するとNO(一酸化窒素)の分泌も低下し血管が広げられなくなったり筋肉が異常な刺激を受けたりして血管が痙攣し収縮しやすくなります。これが冠れん縮性狭心症の原因になります。

NOは血管内皮に血液が流れる刺激がスイッチとなり生まれています。有酸素運動をすることで血流が良くなり血管内皮に血液が多く触れることでNOがたくさん分泌されます。その結果、血管内皮の機能が正常化してさらにNOを作れるようになるという好循環が生まれます。適度な有酸素運動でNOを増やし狭心症を予防しましょう。

 

狭心症の治療法

進行してしまった冠動脈のつまりや痙攣を改善するために様々な治療法があります。その一つがカテーテル治療。血管にできた動脈硬化のコブをバルーンで広げステントを入れ血流を確保します。もう一つが胸を開いて行うバイパス手術。患者の血管を使い新しい血流の道を作る手術です。ただし、この2つの治療法は動脈硬化が著しく進行し細くなりすぎた血管には行えないこともあります。しかし、そんな厳しい病状の人に適用される最新治療法があります。

それが衝撃波治療。生み出したのは東北大学大学院循環器内科学教授の下川宏明さん。衝撃波とは圧力波の一種で物体が音速を超える瞬間に出る波です。血管内皮に衝撃波を当てるとその衝撃でNO(一酸化窒素)や血管増殖物質が分泌されます。NO(一酸化窒素)は血管を広げ血流を促し、毛細血管が増える手助けをします。

治療方法は心臓のエコーを見ながら血流の足りない場所を狙って衝撃波を発射。1箇所につき200回、これを45ヶ所に当てます。麻酔も必要なく副作用や合併症もないので何度でも行えるのが衝撃波治療の特徴です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。