尿酸値に潜む死の予言「痛風と心筋梗塞の関係」|ためしてガッテン

NHK総合テレビの「ためしてガッテン」で尿酸値に潜む死の予言について放送されました。痛風の患者数は96万人、痛風予備軍は1100万人と言われています。

 

痛風で死のふちに…

神奈川県に住む愛甲茂さん(63歳)は49歳の時に痛風におそわれました。自力では歩けない程の激痛に見舞われ病院へ。治療を受けると何事もなかったかのように症状が落ち着きました。ところが、その後思いもよらない病気が愛甲さんを襲いました。それは心筋梗塞。その日のうちに緊急手術。血管を広げる手術で一命をとりとめました。愛甲さんの主治医である両国東口クリニックの大山博司さんによると、愛甲さんの場合、高脂血症や糖尿病、喫煙などはなく心筋梗塞になるような要因は見当たらなかったと言います。そのため大山先生は尿酸値を疑っています。

 

尿酸の結晶は関節にはりついている時は痛みはありません。ところが、たまたま尿酸の結晶がはがれ落ちると炎症を引き起こし痛風となります。

鳩のフンが白いのは尿酸が含まれているからです。人間では尿酸は肝臓で大量に作られます。尿酸は血管を通って腎臓でろ過されて尿として排泄されます。しかし、そんな尿酸を体内に戻してしまうのが尿酸トランスポーター。それは尿酸の抗酸化作用があるからです。人間以外の多くの生物は体内でビタミンCを作ることができます。しかし、人間はビタミンCを作ることが出来ないので尿酸が抗酸化作用を担っているのです。

ところが、血液中に尿酸が沢山ある状態が続くと血管の壁の部分の細胞が尿酸を取り込みます。すると炎症を起こすなどして血管の壁を分厚くし動脈硬化の状態に。尿酸はほどよくあれば抗酸化作用があるのでありがたいものなのですが、増えすぎると心筋梗塞などのリスクが高くなってしまうのです。尿酸値が高い人は心臓病での死亡リスクが2倍近く高いと言われています。

 

100gあたりのプリン体量

ビール 4~8mg
白米 25mg
納豆 113mg
明太子 159mg
鶏レバー 312mg
あん肝 酒蒸し 399mg

プリン体が多い食べ物だけでなく甘いものも尿酸値を上げるので要注意です。砂糖には果糖とブドウ糖が含まれていますが、果糖を燃やす過程で尿酸が作られるのです。そのため果糖を多く含む甘いものやソフトドリンク類も注意が必要なのです。またアルコールも果糖と同様に分解する過程で尿酸が出来てしまうので要注意です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。