抗生物質は風邪に効かない&発熱で風邪を治す|あさイチ

NHK総合テレビの「あさイチ」で風邪の新常識について放送されました。風邪の原因はウイルスです。風邪を引き起こすウイルスだけでも200種類以上。人は一生のうちに200回くらい風邪をひくと言われています。風邪薬は風邪の症状を緩和するだけで、根本的に治すものではありません。

 

抗生物質は風邪にきくのか?

抗生物質は風邪の原因のウイルスには全く効きません。一般的な抗生物質はウイルスではなく細菌に対して効果があるものです。細菌にはそれぞれ特徴があります。抗生物質はその特徴を見分けてその菌だけに効き目を発揮します。一方ウイルスは細菌に比べて非常に小さく特徴がありません。そのため抗生物質がウイルスを見つけることが非常に難しく効果を発揮しないのです。

 

つまり、何かを飲んで風邪を早く治すことはできないのです。しかし私たちの体は中から風邪を治そうとしてくれています。風邪をひくとなぜ熱が出るのでしょうか。風邪の原因となるウイルスは体内に侵入すると鼻から喉にかけて急激に増殖して炎症を起こします。一方リンパ球は病原体から体を守っています。ウイルスの侵入を察知すると免疫細胞に変化。ウイルスが増殖した細胞を攻撃して取り除きます。免疫細胞がウイルスを攻撃すると脳から体温を上げる指令が全身に出ます。そのため、風邪をひくと熱が出るのです。発熱は風邪を治すには良いことなのです。ここで注意したいのは風邪薬の使い方です。市販の総合感冒薬の多くには解熱作用のある成分が入っているからです。

風邪は基本的には自分の体の免疫力で排除するしかありませんが、ほぼ10日以内に治ります。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。