アルコール性肝障害&NASH&薬物性肝障害|駆け込みドクター!

TBSテレビの「駆け込みドクター!運命を変える健康診断」で肝臓病について放送されました。

 

肝臓は約2500億個の細胞からなる体内最大の臓器です。肝臓には主に3つの働きがあります。1つめは代謝。食べ物から摂った栄養素を貯蔵し、必要な時にエネルギーとして供給します。2つめは解毒作用。アルコールや薬などに含まれる有毒な物質などを分解し無毒化します。3つめは胆汁の生成・分泌。脂肪の分解に必要な胆汁を作り分泌します。これら様々な役割を果たすため肝臓には大量の血液が流れ込みます。その量は1分間に1.5リットル。こうして栄養や酸素を取り込んでいるのです。さらに肝臓は再生能力が高く70%切除しても半年後にはほぼ元通りの大きさに戻り機能も回復します。しかし、これが落とし穴。肝臓は機能が優れているためにある程度病気が進行しないと自覚症状が現れないのです。これが沈黙の臓器と言われるゆえんです。

 

胆石が引き起こす肝臓病

胆石が詰まると胆のう炎や胆肝炎を引き起こす可能性があります。さらに放っておくと敗血症を起こし全身に菌がまわり意識を失うことも。最悪の場合死に至ると言います。胆石が詰まった時、体に現れるサインは右のわき腹の激痛や高熱、黄疸が出るなどです。

 

アルコール性肝障害

アルコールは肝臓によって無毒化されますが過度にアルコールを摂取すると、代謝が後回しになり肝臓に脂肪が蓄積されます。これをアルコール性肝障害と言います。改善法は酒量を減らすこと。症状が悪い人は禁酒がおすすめです。

 

非アルコール性脂肪肝炎(NASH)

NASH(ナッシュ)とはお酒をほとんど飲まない人の肝臓に中性脂肪が異常に蓄積することで起こる肝炎です。肝臓はアルコールによる障害が多いと思われがちですが、実はNASHの患者数の方が多く400万人もいると言われています。NASHは肝硬変、肝臓がんに進行するリスクが高いです。患者数は男性が圧倒的に多いですが、近年女性患者も増えています。特に50歳を超えると患者数が急増。進行も男性より速いと言われています。予防策は体重を減らすこと。ただし急激な減量なNASHを悪化させることがあるため要注意です。またNASHの疑いがある人は鉄分を多く含む食事やサプリメントはNGです。

 

薬物性肝障害

薬物性肝障害とは薬によって引き起こされる肝機能障害の一つ。本来、病気を治すために飲む薬ですが、その薬が原因で肝臓に障害が起こってしまうことがあるのです。薬を飲むと肝臓で分解、体に害が及ばないよう解毒処理がされ肝道などから排泄されます。しかし、肝臓が分解できる量を超えると肝臓の処理能力がおいつかず過度の負担がかかってしまいます。すると、薬を無害化できずに中毒を起こしてしまうのです。

薬物性肝障害の症状は初期では体のだるさや吐き気、食欲不振、腹痛など。さらに症状が進むと発熱、発疹、かゆみ、黄疸などが現れます。ところが、自分ではなかなか薬物性肝障害だということに気づきにくいものです。薬やサプリメントは用法・用量を守り正しく使いましょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。