頻尿が改善する水分の摂り方&夜間頻尿の改善法|健康カプセル!ゲンキの時間

TBSテレビの「健康カプセル!ゲンキの時間」で尿トラブルについて放送されました。尿を作っているのは腎臓。腎臓は絶えず血液をろ過していて、その血液中の老廃物や水分が尿となります。腎臓で作られるおしっこの元、原尿は約180リットル。腎臓は原尿の必要な部分を再吸収しながら何度もろ過。最終的には1日およそ1.5リットルが尿として出されています。

 

なぜ尿は出にくくなるの?

それには前立腺が大きく関係しています。前立腺は膀胱のすぐ下にあり、その真ん中を尿道が通っています。この前立腺が加齢によってホルモンバランスが変化することで徐々に大きくなります。これが前立腺肥大。60代以上の約半数の人に前立腺肥大の症状があると言われており、尿の出にくさの他にも頻尿になるなどの症状があらわれます。前立腺肥大は放っておくと尿が出なくなり最後には腎不全になることもあります。症状を抑える薬もあるので気になる人は病院へ行きましょう。

 

頻尿が改善する水分の摂り方

私たちの体からは1日に約2500mlの水分が失われています。食事などから摂取できる水分量は約1000ml。つまり1日に1500mlほどの水分を飲む必要があるのです。でも頻尿で困っている人はどうしたら良いのでしょうか?ポイントは一気に飲まずにこまめに飲むこと。一気に飲むと身体が不要な水分と判断し大部分を尿として排出してしまいます。頻尿対策にはコップ半分(約100ml)を1時間ごとにこまめにゆっくり飲むのがおすすめです。また冷たい飲み物を控えることも大切です。そしてアルコールやカフェインにも利尿作用があるので摂りすぎに注意が必要です。

 

夜間頻尿の改善法

筋力の低下などで溜まりやすくなった足の血液が夜間頻尿の原因の1つです。つまり寝る前に足にたまった水分を排出すれば夜間頻尿を改善できるのです。ソファーなどに横になり足の位置が心臓より上になるようにし、2分ほど安静にします。その後、足首を曲げたり伸ばしたりを5回、回転させるのを外側、内側に5回ずつ行いましょう。これを寝る1時間前に行うことで足に溜まった血液を心臓に運び寝る前に尿として排出することができるのです。この方法の他にもウォーキングで足を鍛えたり昼寝をして足に水分を溜めないようにすることも効果的です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。