腰痛の意外な新原因「股関節の異常&脊髄終糸症候群」|たけしのみんなの家庭の医学

テレビ朝日の「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」で長引く腰痛の意外な新原因徹底解明SPが放送されました。去年、厚生労働省が発表した最新の腰痛推定患者数は2800万人。なんと日本人の5人に1人が腰の痛みを抱えているのです。そのうち85%が原因不明で治らない腰の痛みに苦しみ続けています。しかし、近年なぞのベールに包まれていた85%の暗闇に一筋の光が。これまで原因不明とされてきた腰痛の様々な新しい原因が分かってきたのです。

 

まず1つめの新原因を紹介していたのは神奈川リハビリテーション病院の杉山肇(すぎやまはじめ)先生。杉山肇先生が注目する腰痛の新原因は股関節にあると言います。股関節は私たちの体の中で最も大きな関節。この股関節の隙間でクッションの役割を果たしている軟骨が何らかの原因で磨り減ることで周りの組織に炎症が起き腰痛を引き起こすことがあるのです。股関節の痛みは神経を通じて脳へと伝わる途中で近くを通る腰の神経と混線。脳が腰が痛いのだと勘違いしてしまうことがあるのです。股関節の異常は200~500万人が抱えていると言います。実は腰痛と勘違いし股関節の異常に気づいていない潜在患者も少なくないのです。股関節の異常を広く発見するため医療現場でも行われている簡易テストがパトリックテストです。

 

パトリックテストのやり方

1、仰向けに寝る
2、片足を組み、組んだ方の足を下に向けて倒す
倒した足が地面と水平になれば問題なし。股関節に異常がある場合、痛みのため途中までしか倒せなかったり、足を組むことすらできなくなります。

 

股関節がすり減ってしまう原因として考えられるのが臼蓋形成不全(きゅうがいけいせいふぜん)です。大腿骨を包む骨盤の屋根が浅く股関節に負担をかける骨の状態のことです。逆に深すぎる人も含め、骨の形の悪さが股関節異常を招きやすい原因です。中でも日本人の女性に多いのが屋根が浅いタイプ。このタイプは本来、骨全体で受ける荷重が狭い範囲に集中。加齢と共にダメージが蓄積されることで軟骨がすり減りやすくなると考えられています。さらに骨盤が後ろに傾いた姿勢は股関節に異常を引き起こしやすい原因になります。

 

腰痛解消!股関節ストレッチ①足広げ運動

1、椅子に浅く座る
2、足を開いたり閉じたりする

 

腰痛解消!股関節ストレッチ②骨盤起こし運動

1、椅子に浅く座りお腹を引っ込める
2、おへそを突き出したり引っ込めたりする
それぞれ10回を1セットにし、毎日2~3セット行いましょう。

 

長引く腰痛の2つ目の新原因は脊髄終糸症候群(せきずいしゅうししょうこうぐん)です。脊髄終糸とは脳からの信号を伝える脊髄と背骨のはしにある尾骨とをつなぐ長さ25cm、太さ1mmほどの糸のような組織のこと。通常この糸にはゴムのような弾力性があり腰を曲げる時も伸びることで脊髄を引っ張らないようにできています。ところが、もともと終糸が硬い人がいるのです。それは体の硬い人。前屈をした時、指先と床が20cm以上はなれていると終糸が硬い可能性があると言われています。終糸が硬い人は腰を曲げてもほとんど終糸が伸びないため脊髄が強く引っ張られることに。この状態が長く続くと脊髄の一部で血行が悪化。そこに重いものを持つ、長時間同じ姿勢で立つといったさらなる負担が重なっていくと細胞が酸素不足に陥り神経が興奮。激しい痛みを引き起こすと考えられています。

 

脊髄終糸症候群の特徴

1、前かがみでうつむいた姿勢で痛みが増す
2、頻尿などの尿にまつわる症状

脊髄終糸症候群は画像には現れないため発見は極めて難しいですが、一度診断がつけば手術で終糸を切断することでほとんどの人が劇的に症状が改善すると言います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。