生活保護急増の裏で…3世代にわたる生活保護|スーパーJチャンネル

テレビ朝日の「スーパーJチャンネル」で生活保護急増の裏で18歳の少女の闇について放送されました。

 

大阪市内にある貧困家庭に育った若者を対象にした学習教室に18歳のユウさんは通っています。ユウさんは中学2年生頃から不登校で現在は生活保護を受けて暮らしています。ユウさんは18歳ですが、2ケタの算数にもてこずっています。ユウさんが暮らしているのは問題を抱えた若者たちの自立支援寮。就職活動はもちろんアルバイトもしていないユウさん。入居費は食事や光熱費込みで月8万円。彼女に支給される11万円の生活保護費の中から直接施設に振り込まれています。ユウさんは中学を卒業してからすぐコンビニでアルバイトをしましたが1週間で辞めてしまいました。次のアイバイトは5ヶ月続きましたが遅刻で辞めてしまいました。

 

実はユウさんの母親も生活保護受給者です。ユウさんを担当するケースワーカーは4年前、母親の家で初めて14歳のユウさんと会いました。その時は部屋の中が散らかって、その中でようやく布団を敷いてユウさんが寝ていました。ガスや電気が止まってしまうという状況でした。その頃、母親は交際中の男性のもとに入り浸りユウさんの面倒を見ていなかったのです。しかし、ユウさんを施設に保護しようとしたケースワーカーに母親は反発。ユウさんという扶養家族を失ってしまうと母親が手にする生活保護費が減らされてしまうからです。

 

それから3年以上たった2010年6月、ようやく大阪市は母親とは別世帯扱いとしてユウさんへの生活保護適用を決めました。実はユウさんの母親の両親も生活保護を受けています。ユウさん自身は3世代にわたる生活保護から脱却したいと思っていると言います。しかし、ユウさんは仕事探しをしていません。仕事や将来のことも諦めているのです。ユウさんを見守ってきたケースワーカーは「両親が働いていなかった子供の場合、働いて下さいと言ってもイメージがわかないことが多い」と言っていました。「働かなくても生活できるのに何で働かないといけないの」と思っている人が多いのです。

 

全国で急増する生活保護受給者の裏では貧困の連鎖によって子供たちの未来の可能性までも閉ざされるという厳しい現実がありました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。