9億円横領し男に貢いだ元銀行員の女|世界のコワ~イ女たち

TBSテレビの「ブラマヨ衝撃ファイル!世界のコワ~イ女たち」歪んだ愛の末路SPで9億円横領し男に貢いだ女について放送されました。

 

昭和41年、村松聡子(仮名)は関西大手のS銀行に勤めるOLでした。マジメで成績優秀、上司からの信頼も厚かったのですが、35歳で独身でした。ある日、バスの中で男が声を掛けてきました。その男は1年前タクシーで優しい声をかけてくれた根元健次(25歳)でした。運命的な再会でした。根元は当時無職でしたが、景気の良いことを言って聡子の気を引きました。自分とは正反対の型破りな生き方に聡子は魅かれました。そして自分の金だけでなく、家族にも金を借りて根元に渡すようになりました。

 

根元と出会って半年経った頃、客の本田公信(仮名)は預金証書と印鑑を聡子に預けました。本田は聡子に気があったのです。本田の定期預金が満期になるのは半年後、それまでに返せばバレることはないと聡子は定期預金の中途解約を装い元金100万円と利息360円を横領。根元に渡しましたが、根元はすぐに使ってしまいました。そして、再び受けた定期預金の依頼70万円を全額自身の裏口座へ振り込みました。最終的に聡子は本田の金を1000万円以上着服してしまいました。

 

完全にヒモ状態の根元は聡子に隠していることがありました。実は根元は別の女と同棲し、後に籍まで入れたのです。

 

本田からはもう無理だと分かると聡子は自分が保管している定期預金元票の中から最近預金されたものを探し、中途解約の手続きをしました。聡子は横領し続け、1日に600万円横領したこともありました。聡子は転勤を恐れていました。転勤になったら今までの横領が一気にバレてしまうからです。そして恐れていた転勤の辞令が下りました。転勤先で働き始めて3日目、以前勤めていた支店から呼び出しがありました。聡子が逃走資金として用意していた150万円も根元に取り上げられてしまいました。

 

2月19日、4億5千万円の被害届が出されS銀行は聡子を告訴。聡子が姿を消して1週間、聡子は大江今日子と名乗り家賃8千円の家を借りて隠れていました。一方、警察は行員1人1人に話しを聞いて根元健次が捜査線上に浮かびました。3000万円で購入した家は根元御殿と呼ばれ自家用車3台にモーターボート5隻を所有していました。

 

アパートで暮らすようになって2ヶ月、聡子はアルバイトで知り合った村田という男と同棲を始めました。村田は根元とは正反対の真面目な男でした。聡子が逃亡してから半年、根元は贓物収受の罪で逮捕されました。根元は簡単に口を割り、聡子のアパートを割り出すのに時間はかかりませんでした。聡子の逮捕後、次々と驚きの事実が明らかになりました。

 

被害届は4億8千万円でしたが、横領した総額は8億9396万4611円におよんでいました。聡子が使ったのは約2000万円。8億5千万円以上が根元に流れていたのです。聡子に下った判決は懲役8年。一方、根元には懲役10年が下りました。司法は悪質なのは根元と判断したのです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。