ガンビアの独裁者ジャメ大統領|教科書にのせたい!

TBSテレビの「教科書にのせたい!」世界の独裁国家スペシャルでガンビアの独裁者ジャメ大統領について放送されました。

 

アフリカ大陸最小の国ガンビアの独裁者はジャメ大統領です。ジャメ大統領は嫌いなものを徹底排除する人です。数年前には「同性愛者は打ち首にする」と発言。世界中から非難されました。そして、大統領は偉大な科学者だと国民たちに言わせることにこだわっています。しかし、ジャメ大統領は科学者になるような学歴も経験もありません。にも関わらず自分には科学者になる才能があると思い込んでいるのです。

 

ジャメ大統領が慕っていた叔母が亡くなった時、魔女の呪いで叔母が亡くなったと思い込み魔女狩りを宣言。ジャメ大統領は警察や軍隊を総動員し見境なく女性を1000人も逮捕しました。女性達は当然「魔女ではない」と身の潔白を訴えました。すると、ジャメ大統領は魔女たちが自供する薬を作ればいいとひらめきます。ジャメ大統領は資格もないのに怪しい薬を調合し、その薬を全員に飲ませました。その結果、幻覚を見て暴れる人や腎臓に障害を起こす人が続出。強引に自供させられたあげく、薬のせいで死者もでました。

 

さらに、ジャメ大統領はエイズを治す薬を作ると思い込み始めました。なんと、ジャメ大統領はエイズの特効薬をご先祖さまに夢の中で教えてもらったというのです。ジャメ大統領は夢から覚めるとすぐに薬草の調合を始めました。そして完成した怪しい薬を患者たちに飲ませました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。