治らない尿トラブルの原因は隠れ脳梗塞|たけしのみんなの家庭の医学

テレビ朝日の「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」尿&便トラブルを解消する新事実SPで治らない尿トラブルの原因が放送されました。

 

治らない尿トラブルの原因は隠れ脳梗塞

これまで尿トラブルは加齢や骨盤底筋の緩みなどが原因と考えられてきました。ところが、近年の研究で治らない尿トラブルを引き起こすある病の存在が浮かび上がってきたと言います。それは隠れ脳梗塞。そもそも隠れ脳梗塞は加齢や食生活の乱れなどによって脳の細い血管が詰まってしまう状態のこと。直接命に関わる病ではありません。60代以上の4人に1人が発症していると言われています。今まで隠れ脳梗塞は症状が出ないと考えられていたため、無症候性脳梗塞とも言われ問題視されてきませんでした。ところが、最近の研究で隠れ脳梗塞の症状の一つに尿トラブルがあることが分かってきたのです。でも、なぜ隠れ脳梗塞が尿トラブルを引き起こしてしまうのでしょうか?

 

健康な人の場合、膀胱に尿がたまると「そろそろいっぱいだよ」という信号が膀胱から脳へと伝えられます。その結果、脳が感じるのが尿意です。しかし、近くにトイレがないなど、排尿できるタイミングではないと判断すると脳は排尿にブレーキをかける信号を膀胱に送り返します。つまり、尿意を感じてもしばらく排尿を我慢して欲しいと押しとどめる命令です。この信号のおかげで、私たちはおしっこをこらえることができるのです。このブレーキ信号を出しているのが脳の前頭葉。ところが、前頭葉に小さな脳梗塞が生じると排尿のブレーキ信号が徐々に弱まっていき頻尿や尿漏れなどの尿トラブルが発生すると考えられるのです。このような脳や神経の異変によって生じる尿トラブルは「神経因性膀胱」と呼ばれています。

 

隠れ脳梗塞による尿トラブルを見極める方法

それは「動作に鈍くなる」という症状が一緒に出るかどうかです。隠れ脳梗塞の代表的な症状は「動作が鈍くなる」「歩くのが遅くなる」「食事や着替えに時間がかかる」等です。本人は気づきにくいので、周囲の方にチェックしてもらう事が大切です。隠れ脳梗塞かなと思ったら神経内科で脳のMRIを撮り、尿トラブルは脳とは別に泌尿器科で適切な治療を受けましょう。