ブルネイの水上村|所さんの世界のビックリ村!

テレビ東京の「所さんの世界のビックリ村!こんなトコロになぜ?」でブルネイ・ダルサラーム国の巨大水上村について放送されました。

 

ブルネイは石油や天然ガスなどの資源に恵まれています。カンポン・アイールと呼ばれるブルネイの水上村で村人たちが生活している家を支えているのは、川底に何本も打ち込まれたコンクリート製の杭です。杭は川底6m~10mまで刺されています。水上村は6つのエリアに約2000の建物が立ち並び3万人以上が暮らしています。水上村での主な移動手段はボート。半数以上の家庭に自家用ボートがあります。

 

水上村の家は内装はとても豪華です。ブルネイは原油・天然ガスといった資源に恵まれているので、住民税や所得税、医療費は全くかかりません。多くの人が裕福な暮らしを送っているのです。生活水は陸の貯水湖から水道で引いています。水上村では家の窓から釣りをすることもできます。ただし、トイレなどの排泄物や生ゴミも直接川に流しています。

 

水上村ではよく火災が起こります。1年間で150戸近くが燃えてしまったこともあります。水上村の家は杭で支えられているだけなため、軽くするため燃えやすい木材やモルタルを使っているので、少しの火種でも延焼してしまうのです。水上村は個人で家の補修を行う人が多く、電気配線が不完全になり出火原因を作ってしまうことが多いのです。自然保護の観点から水上村に新たな建物を建てることは禁止されています。そのため大工さんがいなくなってしまい、家の補修を個人でやらざるおえないのです。

 

川の上に住む理由はブルネイの多くがマングローブのジャングルであるため陸地に家を建てることが出来ず、川の上での生活が広がっていったからです。その後、開拓され多くの人が陸に移り住んだものの、いまだにブルネイの全人口の1割近くが水上で生活しています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。