夏のむくみの原因と解消法|モーニングバード!

テレビ朝日の「モーニングバード!」アカデミヨシズミで夏こそ注意!顔&足のむくみについて放送されました。むくみの正体は水分。実は人の血管には細かい隙間があります。血管によって運ばれる栄養分や水分は動脈の隙間を通り全身の細胞に行き渡ります。一方、細胞が出す老廃物や余分な水分は静脈の隙間を通り血液の中に回収されるのですが、この回収がうまくいかないと顔や足などに余分な水分がとどまりむくんでしまうのです。

 

夏のむくみの原因①過剰な暑さ&過剰な冷房

猛暑の中、外へ出ると体温を調整するために汗をかきます。この時、体内では血管の隙間からどんどん水分が染み出し汗腺から汗として出て行きます。しかし、冷房がきいた部屋に入ると汗をかかなくなり、本来出るはずだった水分が行き場を失い、むくみとして残ってしまうのです。

 

夏のむくみの原因②血行不良&運動不足

冷えによる血行不良と運動不足は夏場に足がむくむ大きな原因です。冷房により体が冷えてしまうと、血管が縮んでしまい血の流れが悪化。その状態で動かないでいると重力により足にたまった水分がうまく静脈で回収されず、むくみを引き起こしてしまうのです。

 

夏のむくみの原因③お酒&塩分

お酒を飲むとアルコールを分解するために、より多くの水分が必要となり知らぬ間に水分の摂取量が増えていきます。その上、アルコールによって血管が拡張しているので隙間から水分がどんどん染み出していきます。さらにおつまみに含まれる塩分の摂りすぎも血液中の塩分濃度を下げるために、より多くの水分を求めることになります。このように、お酒と塩分によって静脈での回収を上回る水分が細胞の隙間に取り込まれて足や顔がむくんでしまうのです。

 

顔のむくを解消する変顔体操

鼻の真ん中に全てのパーツを集める(10秒間)

 

足のむくみを解消するつま先体操

立った状態でかかとを10回上げ下げする
この運動により、ふくらはぎの筋肉が静脈を刺激し血流が改善します。同時に足にたまった水分が回収されるため、むくみが軽減されます。