クラインフェルター症候群「ハチに刺されて女性的になった夫」|ザ!世界仰天ニュース

日本テレビの「ザ!世界仰天ニュース」でハチに刺され女性的になった男性について放送されました。

 

2003年、アメリカ・オハイオ州に住む電話回線の修理を行っているテッド・プリンス(31歳)は子供2人と妻と4人で暮らしています。子供たちと庭で遊んでいるとテッド・プリンスはスズメバチに刺されてしまいました。テッドは呼吸困難に陥りすぐに病院で処置が行われました。スズメバチなど毒を持つ蜂に刺されると体内に抗体が出来ます。その後、再び同じ毒を持つ蜂に刺されると抗体が反応しアレルギー反応が過剰に出てしまうことがあります。テッドは以前にも蜂に刺されたことがありアナフィラキシーショックを起こしてしまったのです。アレルギー検査のためテッドの血液検査が行われました。

 

するとテッドはクラインフェルター症候群であることが分かりました。クラインフェルター症候群は人の染色体異常症の1つで、性別としては男性でありながらX染色体の数が1つ多い(XXY)病気です。先天性の疾患で男性ホルモンの分泌量が少ないことにより心身が女性的になってしまうなどの特徴があります。世界的な統計では出生男児の1000人に1人の割合と言われています。

 

テッドはハチに刺されたことでステロイドホルモンが大量に投与されました。それにより一時的にホルモンバランスが変化する可能性があると推察されました。しばらくするとテッドの胸は膨らみ始め、2年後にはBカップにまでなりました。もともと女装の趣味があったテッドは髪の毛も伸ばすようになりました。妻はテッドが女装することを嫌がりましたが、子供たちは普通に受け入れました。そして2007年、テッドは名前をクロエに改名し、2008年には性別適合手術を受けました。現在クロエさんは自分と同じように心と体の性の不一致で悩む人のために形成外科でカウンセリングの仕事をしています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。