逸見政孝の借金12億円の真相|爆報!THEフライデー

TBSテレビの「爆報!THEフライデー(ばくほうザフライデー)」で逸見政孝の借金12億円の真実について放送されました。

 

逸見政孝(いつみまさたか)さんは1970年に妻の晴恵さんと結婚。2人の子宝に恵まれました。フジテレビのアナウンサーからフリーに転身し「クイズ世界はSHOW BYショーバイ!」や「平成教育委員会」などレギュラー番組7本を抱える好感度ナンバー1アナウンサーでした。1992年には世田谷に念願の一軒家を建築。130坪の敷地にレンガ作りの3階建てを建て大豪邸と世間の注目を浴びました。

 

しかし、家を建ててから10ヵ月後に記者会見でがんを告白。そして記者会見から3ヵ月後に逸見政孝さんは亡くなりました。夢の新居に家族と暮らしたのはたったの4ヶ月でした。

 

妻と2人の子供に残されたのは、家を建てるために借りた借金12億円でした。逸見政孝さんの多額の生命保険と預貯金を合わせても7億円にしかならず、5億円の借金が残りました。専業主婦だった晴恵さんに借金を返すあてはなく、金目のものは全て売り払いました。この情報を聞きつけたワイドショーや週刊誌はこぞってこの話題を取り上げました。

 

5億円の借金は利息だけでも月数百万円。頑なに家を売却しない晴恵さんに対して世間の反応は冷たいものでした。そんな時、晴恵さんに子宮頸がんが発覚。さらに骨髄異形性症候群も併発していました。それでも自らの過酷な治療経験を語る講演は大反響を呼び依頼が殺到。芸能界に入った子供2人も家を守るため、毎月の給料を母に渡していました。ところが、晴恵さんは10万人に1人と言われる肺胞蛋白症を発症し2010年に61歳で亡くなりました。晴恵さんは多額の生命保険をかけていたため、借金は完済されました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。