世界を操る陰の支配者ビル・ゲイツ「悪魔の種&世界人口調整計画」|やりすぎ都市伝説

テレビ東京の「ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説スペシャル2012」で世界を操る陰の支配者について放送されました。アメリカのシアトルに行って都市伝説を紹介していたのはMr.都市伝説の関暁夫さん。

 

世界的コーヒーショップと秘密結社フリーメイソン

フリーメイソンは会員数300万人を超す世界最古、世界最大の友愛団体です。石工職人の集まりが起源だとされ、その具体的な活動が非公開なため様々な都市伝説がとびかい、世界を陰で支配していると噂されています。

シアトルは急激に世界進出に成功した有名なコーヒーショップ「スターバックスコーヒー」の本拠地があります。スタバが世界進出に成功した背景には秘密結社の後押しがあったのではないかと言われています。

シアトルにあるスターバックスコーヒーの本社の建物の上にはスターバックスの人魚のマークを切り取った目のようなマークがあります。また、昔使われていた持ち帰り用の袋には目が描かれていました。また裏には「666」も描かれています。

 

世界を操る陰の支配者ビル・ゲイツ

www(world wide web)とは、マイクロソフト社が爆発的に普及させたインターネット上で提供されるハイパーテキストシステム。現在では世界中でインターネット網が張り巡らされています。ヘブライ数字で「666」をアルファベットに変換すると「www」になります。

今、アメリカで売られている野菜たちは品種改良されたものです。味や見栄えが良いだけでなく種にも特徴があります。本来、野菜は芽が出て実がなって種になり、また植えることが出来ます。しかし、今出回っている種は1代しか育たない種なのです。つまり子孫が残せない種に品種改良されてしまっているのです。農家の人たちは、その種のことを「悪魔の種」と呼んでいます。オリジナルの種を持っているのはビル・ゲイツ氏。人類が生きるために必要不可欠になるエネルギーを支配しているのです。2008年、ビル・ゲイツの資金提供のもと建設された世界中の種子を集めた貯蔵庫が「種子の箱舟計画」です。これはノルウェーの地下にあります。

2010年、ビル・ゲイツ氏は「世界の人口は現在68億人、近い将来90億人に達します。もし私たちがワクチンや健康管理そして生殖の問題に取り組めば増加し続ける世界の人口を10%から15%抑えることが出来ます。」と発言しました。アメリカではビル・ゲイツの真の目的はワクチンによる世界人口調整だと言われています。またビル・ゲイツは「私達のこれから10年間の新たなワクチンの生産、またそれを必要とする子供達への供給に関して大きな進歩を遂げることが出来ると信じています。成功すれば1年間で死亡する子供達を900万人以上は減らすことが出来ます。」と発言しています。

ワクチン反対運動家マイケル・ベルキン氏は生後5週間の娘がワクチン接種を受けて13時間後に亡くなってしまいました。司法解剖の結果、ワクチンによる極度の副作用で死亡したことが分かりました。それ以降、ワクチンについて研究し、ワクチンの必要性に疑問を投げかけ続けています。ベルキン氏によると、ワクチンを使って妊娠を抑制させることは可能だそうです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。