アーノルド・シュワルツェネッガー 20年もブタのような家政婦と不倫|爆報!THEフライデーVSサンデージャポン

TBSテレビの「爆報!THEフライデーVSサンデージャポン」でアーノルド・シュワルツェネッガーの浮気について放送されました。

 

2012年10月、アーノルド・シュワルツェネッガー(65歳)が自伝「Total Recall」を発売しました。アーノルド・シュワルツェネッガーは映画「ターミネーター」で一躍ハリウッドスターの仲間入り。シリーズ4作の累計興行成績は14億ドルの大ヒット映画です。2003年に政界に進出。カルフォルニア州知事に当選しました。

 

しかし、2011年に家政婦ミルドレッド・パティ・バエナとの浮気が発覚。20年にも渡り妻がいる一つ屋根の下で家政婦と不倫していたとスクープされました。しかも、家政婦の容姿にマスコミが注目。「まるでブタ女」とまで報じられました。過熱する報道に本人は沈黙を貫いてきましたが、今年ついに自伝本で事実を認めました。そこには25年間連れ添った妻を裏切り続けた日々が書かれています。浮気相手にブタ女を選んだ理由はマザコンで熟女マニアだったからだそうです。アーノルド・シュワルツェネッガーは超ド変態だったと報じられました。プライドを傷つけられた妻マリア・シュライバー(57歳)が不倫を確信したのは隠し子の存在でした。他人の子供だと思っていた家政婦の長男ジョセフが成長すると、アーノルド・シュワルツェネッガーに瓜二つに。また、仕舞っていたはずのマリアのワンピースがベッドの上に出ているという奇妙なことも起こり始めたと言います。マリアは子供たちの仕業だと思っていましたが、本当は夫による最悪の裏切り行為だったのです。

 

グアテマラ共和国出身のミルドレッド・パティ・バエナは1989年にから住み込みで働いていました。二人の関係が始まったのは1996年。マリアの留守中に家政婦パティと情事を重ねたアーノルド・シュワルツェネッガー。時には妻と使っているベッドで、妻の洋服とアクセサリーを着用させることもあったと言います。その不倫関係はその後13年間に渡って続けられました。全米で史上最悪のブタ女と報じられたミルドレッド・パティ・バエナの顔が公開されました。幅の広い顔と垂れ下がった下アゴ。その容姿は美しい妻マリアとは全く異なるタイプの女性でした。マザコンであるアーノルド・シュワルツェネッガーは家政婦パティに豊胸手術を受けさせ、母のふくよかさを求めていたようです。

 

この不倫&隠し子騒動でこれまで築いた役者としての人気はガタ落ち。ファンから非難が殺到し仕事のオファーはほぼゼロに。製作寸前までいっていた「ターミネーター5」も白紙になってしまいました。騒動の主役の家政婦パティは「奥様私たちを許してください」というコメントを残しています。そして成長した隠し子ジョセフは、自分の父親がアーノルド・シュワルツェネッガーと聞くと「そいつはすっげぇ」と言ったそうです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。