千葉県民が抱えるミクロな問題|月曜から夜ふかし

日本テレビの「月曜から夜ふかし土曜版」で千葉県民が抱えるミクロな問題について放送されました。

 

なのはな体操存続の危機問題

千葉県民なら知らない人はいない「なのはな体操」が今存続の危機にあります。なのはな体操は千葉県が昭和58年に県民体操に指定し広めたもの。しかし、今千葉県の小学生はなのはな体操をやらなくなっているのです。その理由は平成13年に行政からPR予算を削減され普及活動が出来なくなったからです。

 

柏駅のエスカレーター遅すぎ問題

柏駅東口のエスカレーターが遅すぎて県民をイライラさせています。隣にある階段を上れば20秒ほどですが、エスカレーターに乗るとだいぶ時間がかかるようです。

 

千葉県伊勢えび獲れすぎ問題

千葉県は本場の三重県より伊勢エビが獲れるようです。千葉県民から今後は伊勢エビじゃなく千葉エビと呼ぶべきという意見が。実はこの問題はすでに千葉県議会で議論されています。一部の市民から「今後千葉で獲れるものは千葉エビで売り出すべきだ!」という意見が出されましたが「売れない」などの理由で却下されています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。