ドライアイの原因は目の便秘&ホットタオルで改善|その原因、Xにあり!

フジテレビの「その原因、Xにあり!」でドライアイの原因について放送されました。ドライアイとは主に涙が不足して目が乾き痛みや疲れを感じる病気のこと。実はドライアイを引き起こすのは水分不足だけではありません。伊藤医院副院長の有田玲子さんによると、ドライアイの原因は目の便秘にもあると言います。

 

目の便秘とは?

マイボーム腺はまつげの根元の内側にある目にあぶらを分泌している器官です。マイボーム腺から出たあぶらは目の表面にバリアを作り、涙が蒸発するのを防ぐ働きをしています。しかし、マイボーム腺がつまって便秘状態になるとあぶらが分泌されず目の表面のバリアがなくなってしまい、その結果涙が蒸発しやすくなりドライアイを引き起こすというのです。

最新の研究ではドライアイ患者の86%にあぶら不足の傾向が見られたというデータもあります。

 

マイボーム腺がつまる原因は?

マイボーム腺が並んでいるまつげの内側にアイラインを引いてしまうとあぶらの出口がふさがれてしまいます。さらに、コンタクトレンズをすることでもまばたきをするたびにマイボーム腺に衝撃が加わりあぶらが詰まりやすくなってしまいます。

 

目の便秘を改善!ホットタオル

1、水に濡らしたタオルを適度に絞りビニール袋に入れる
2、口を開けたまま500Wの電子レンジで45秒温める
3、ビニール袋に入れたまま5分間まぶたの上にのせる

固形のバターを温めると溶けるのと同じように、ホットタオルで目を温めることで詰まったあぶらが溶けだし便秘が改善。目のバリアが回復するのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい(スパム対策)