コクシジオイデス症 地震の地滑りで渓谷熱が発症|シンドロームX

TBSテレビの「最新人体ミステリーシンドロームX」でコクシジオイデス症について放送されました。1994年、アメリカ・ロサンゼルスに住むミッシェル・ベントンは一人息子と親友アンジェラの家を訪ねていましたが、突然せきが止まらなくなりました。その夜、40度を越える高熱と頭痛により病院に運ばれたミッシェルですが診断はインフルエンザでした。しかし、一向に良くなりませんでした。他の病院でもインフルエンザと診断され特別な治療は行われませんでした。その後、体中に謎の腫れものが発生。意識も朦朧としていたためオリーブ・ビュー病院に救急搬送されました。

 

時を同じくして病院でもミッシェルと同じような患者が急増していました。人に感染するのを防ぐため、ミッシェルは完全に隔離されました。ロサンゼルス近郊でも同様の症状で病院を訪ねる患者が急増。ミッシェルはなんらかのウイルスにより重度の髄膜炎が起きていました。そしてコクシジオイデス菌という菌によって引き起こされていることが分かりました。コクシジオイデス症はコクシジオイデス菌という真菌(カビ)によって肺に起こる感染症です。渓谷熱(けいこくねつ)とも呼ばれ普段は土の中に潜んでいるカビの胞子が何らかの原因で空気中に放出。それを人間が肺に吸い込むと髄膜や骨など体の様々な部分に広がります。早期治療の効果がなければ非常に致死率が高い最悪の感染症です。

 

コクシジオイデス菌の感染源の特定が急がれました。感染者が発生したのは1月17日以降でした。1月17日はマグニチュード6.7のロサンゼルス大地震が起きていました。患者たちは地震当時、シミ渓谷の近くにいたことが判明。シミ渓谷は地震の影響で大規模な地すべりがおきていました。舞い上がった土埃の中にはコクシジオイデス菌が潜んでいたのです。土埃と共に舞ったコクシジオイデス菌をたまたま吸い込んだミッシェルたちが感染したのです。ミッシェルの自宅もシミ渓谷の側にありました。

 

ミッシェル・ベントンは治療のつらい副作用にもたえ、無事回復。立派に息子を育て上げ、今では孫に囲まれ楽しい毎日を送っています。しかし、コクシジオイデス菌はまだ彼女の中にいるため薬を飲み続けています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。