松本サリン事件20年後の真実|クローズアップ現代

NHK総合テレビの「クローズアップ現代」で生かされなかった教訓~松本サリン事件20年後の真実~が放送されました。オウム真理教が日本の中枢を狙って引き起こした科学テロが地下鉄サリン事件です。死者13人、負傷者6300人を超えました。この9ヶ月前、長野県松本市でこれよりもはるかに純度の高いサリンがまかれていました。しかし、その経験は地下鉄サリンの被害の拡大をくいとめることには繋がりませんでした。平成6年6月27日に起きた松本サリン事件。近くに住む大学生や会社員などが無差別に命を奪われました。使者8人、負傷者は140人を超えました。オウム真理教が松本市の住宅街でまいたサリンは500m先まで被害が広がりました。世界で初めてのサリンによる科学テロ。警察や専門家はどのように対応したのでしょか?事件発生直後、警察がまだ原因を特定していない中、サリンだと突き止めたのが長野県環境保全研究所。水質や大気の汚染など環境調査を行っている県の研究機関です。当時、原因物質の分析にあたった佐々木一敏さん。現場の池から採取した水にメダカを入れると1時間で全滅。背骨が曲がるほどの強い毒性が残っていました。分析結果を国内外の膨大な研究結果と照らし合わせると一致したのがサリンでした。事件からわずか2日後のことでした。第二次世界大戦中、ナチスドイツが開発したとされる科学兵器サリンは青酸カリの500倍もの毒性があります。サリンの製造は高度な知識に加え密閉した空間で作業できる特殊な設備が不可欠です。しかし、松本の事件ではサリンは素人でも作れるという誤った認識が広まっていきました。疑いの目が向けられたのは第一通報者の河野義行さん。長野県警は河野さんが家に保管していた農薬など数十種類の薬品を押収。自らもサリンの被害にあっただけでなく妻をサリンによって奪われた河野さん。自分への疑惑を深めたのはサリンに対する間違った認識だと感じています。

 

事件からわずか2日でサリンだと突き止めていたにも関わらず、なぜこのような事態を招いたのでしょうか?当時、警察には科学的知識を持つ捜査員はごくわずか、サリンについて知る者は皆無でした。そのため長野県警はオウム真理教の強制捜査にたどり着くことが出来ませんでした。そして2度目のサリン事件が東京で引き起こされたのです。大きな被害が出た地下鉄サリン事件。サリンに対する知識がなかったため救助活動にあたった人々にも二次被害が広がりました。サリンを直接取り除こうとした地下鉄駅員2人が犠牲になったのです。救助にかけつけた消防隊員は十分な装備もなく被害を受けた人は135人にのぼりました。

 

信州大学医学部の那須民江さんは20年前、サリンの調査にたずさわりました。那須さんは当時、現場近くの住民1700人への詳細な聞き取り調査を行いました。手足のしびれや目の異常などサリンの自覚症状をいくつ感じたか聞いたところ、思いもよらない結果が出ました。被害者が自覚症状を感じた時間が集中したのはサリンがまかれた直後でしたが、7時間後に再び自覚症状を訴える人のピークが表れていました。なぜこのような結果になったのか詳しく調べたところ、サリン特有の性質が関係していることが分かりました。サリンは空気中を漂ったのち土壌や衣服に付着します。しかし、分解されるまでの間、気温の上昇や風向きの変化などをきっかけに再び空気中に漂う性質を持っていました。自覚症状を感じる人が時間をおいて再び表れたのはサリンの特性によるものと考えられています。那須さんがこの調査結果を報告する機会を得たのは松本サリン事件から8ヵ月後。医療や警察の関係者を集めて東京で開かれた極秘の会議ででした。ここでサリンの性質や有効な治療法を伝えました。極秘会議の報告書をまとめ全国の病院や消防などに配布することが決まりました。しかし、報告書の発効日は1995年3月20日。まさにその日に地下鉄サリン事件が発生。情報の共有は間に合わなかったのです。装備も解毒剤も不足する中、救助に当たった人たちにも被害が及びました。時間差で再び空気中に漂うサリンの特性は認識されていませんでした。警察、消防、医療関係者などサリンの二次被害を受けた人は690人にのぼりました。