山形県民からメールが殺到している件|月曜から夜ふかし

日本テレビの「月曜から夜ふかし」で山形県民からメールが殺到している件について放送されました。山形県民は今、危機感を募らせています。山形の命綱といえば、さくらんぼと将棋の駒、ダニエル・カールです。しかし最近ダニエル・カールをテレビで見ることはほとんどありません。そして、さくらんぼや将棋の駒もまたダニエル・カール的なことになっています。

 

山形が誇る赤い宝石「佐藤錦(さとうにしき)」は最高級のものだと1箱5万円もします。儲かっていると思いきや、さくらんぼの値段が高いのは農家の人が儲かっているからではなく、その値段でないと採算が合わないからなのです。つまり名産品だからと言って県を潤すほど儲かっている訳ではないのです。

 

将棋の駒の名産地は天童市。毎年4月には天童桜まつり「人間将棋」が行われていますが、将棋の駒の生産量は40年で93%も減少。工芸師のみなさんはお金のためでなく技術を絶やさぬ志を胸に頑張っているのです。山形県が賑わうには新たな起爆剤が必要です。

 

・競技用けん玉の生産量 全国1位
・松尾芭蕉の滞在日数 全国1位
・スリッパの生産量 全国1位
・即身仏の数 全国1位
・わらびの生産量 全国1位
・土偶の大きさ 全国1位

 

どれも決め手にかけるものばかり。しかし、ラーメン屋さんの数が全国1位です。ラーメンといえば札幌、喜多方、横浜、博多などが有名ですが山形ラーメンというのはあまり聞いたことがありません。山形県には大きく分けると5つのラーメンがあるそう。山形市の冷やしラーメン、米沢市の黒中華、新庄市のとりもつラーメン、赤湯地方のからみそラーメン、酒田地方の手打ち麺の中華そば。「月曜から夜ふかし」では山形県民にアンケートをとりオススメの一杯を調査。一番人気だったのは赤湯ラーメン「龍上海(りゅうしゃんはい)」でした。麺は太く縮れた自家製手打ち麺。ベースとなる味噌を鶏がらと魚介でじっくり仕上げたスープで溶かし、縮れ麺に絡ませ、こだわりのからみそを乗せたら完成。龍上海のラーメンは横浜のラーメン博物館にも出店しているそうです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。