背中のブツブツの原因は肌カビ(マラセチア)|その原因、Xにあり!

フジテレビの「その原因、Xにあり!」で背中のブツブツの原因について放送されました。

 

背中の吹き出物は、一般的に皮脂の過剰分泌や毛穴の詰まりによる炎症を起こす背中ニキビと言われているのですが、実はその他にも意外な原因があるのです。帝京大学医学部附属溝口病院皮膚科の清佳浩(せいよしひろ)さんによると、ブツブツ背中の原因は肌ガビにあると言います。肌カビの正式名称はマラセチア。誰の肌にも常に存在しているカビの一種です。ニキビとの違いはかゆみを伴うことです。マラセチアはある悪条件が重なると異常繁殖をすると言います。それは高温・多湿・不潔。マラセチアは皮膚の温度が34℃以上、湿度95%以上になると増殖します。さらに背中の中央から全体に広がってしまうのです。マラセチアは背中だけでなく胸元や顎にも繁殖する可能性があります。

特に冬の時期は寒いため重ね着をしがちです。すると、室内に入った時に皮膚の温度を上げてしまい肌カビを増殖させる悪条件になってしまうのです。

 

肌カビ予防法

・お風呂で体を洗う順番
髪をシャンプーで洗う→髪にコンディショナーをつけて浸透させる→コンディショナーを流す→体を洗う
体を洗った後にコンディショナーをすると、コンディショナーと一緒に流れた汚れで毛穴が詰まる可能性があります。

・汗をかいたらすぐ拭く
キッチンペーパーを洋服のタグと一緒にクリップでとめ裏返して着て、汗をかいたらキッチンペーパーを取り出すと良いそうです。使い捨てできるので衛生面もバッチリです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。