冬の体臭の原因とミョウバン水|その原因、Xにあり!

フジテレビの「その原因、Xにあり!」で冬の体臭の原因と対策法について放送されました。

大手町アビエスクリニック院長の早田台史さんによると、冬なのに体臭が気になる原因はネバネバ汗にあると言います。汗には2種類あります。1つはエクリン腺という汗腺から出る汗。これは99%が水分で無味無臭、サラサラ汗です。もう1つがアポクリン腺から出る汗です。これは濃くてニオイの元になるネバネバ汗です。ネバネバ汗は皮脂が多く含まれています。この皮脂を雑菌が食べて繁殖、分解することによってニオイの元となるのです。この雑菌まみれのネバネバ汗こそ冬の体臭の犯人です。ひどくなるとシャツの脇の部分を黄色く染めてしまうこともあります。ではなぜ冬はネバネバ汗が出るのでしょうか?

ネバネバ汗は一年中出るものなのですが、冬は水分を摂る量が減るので汗の水分量も少なくなり濃い汗になってしまいます。汗が濃くなると乾燥しにくくなって雑菌が繁殖しやすいジメジメ状態になってしまうのです。

 

ネバネバ汗対策にオススメなのがミョウバン水です。1.5リットルのぬるま湯に50gのミョウバンを溶かして作ります。

 

ミョウバンの効果

1、殺菌
2、消臭
3、制汗

 

早田台史さんがオススメするのがミョウバン風呂です。お風呂(約200リットル)に50mlのミョウバン水を入れましょう。外出時にニオイが気になる時はミョウバン水をスプレーに入れて使うと便利です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい(スパム対策)