DHEAを増やして疲労回復&塩ゆずの作り方|その原因、Xにあり!

フジテレビの「その原因、Xにあり!」でなかなか取れない疲れの改善法について放送されました。

ハードワークや家事、ストレスなどで体が疲れると体内に活性酸素などの疲労物質が発生します。疲労物質は健康を細胞を次々と攻撃しダメージを与えていきます。こうして健康な細胞が傷つき修復が追い付かなくなると疲れとしてあらわれるのです。しかし、睡眠をとったりマッサージをしても疲れが抜けないのはなぜでしょうか?

金町脳神経内科耳鼻咽頭科院長の内野勝行さんによると、疲労物質が身体を休めることでスムーズに解毒できるかが問題だと言います。疲れがなかなか取れない人は副腎の機能が落ちてしまっていることによって疲労物質がうまく解毒できない状態にあると考えられます。

副腎はアドレナリン、ドーパミン、コルチゾールなど50種類以上のホルモンを作り出しています。そんな中でも疲労物質をやっつけてくれるホルモンがDHEAです。DHEAは疲労や加齢で減少してしまいますが、増やすことも可能だと言います。

 

千代田国際クリニック院長の永田勝太郎さんによると、副腎を元気にするにはビタミンCを摂ることが大事だと言います。ビタミンCをじゅうぶん摂ることによってDHEAもじゅうぶん産生するようになるのです。

管理栄養士の柴田真希さんがオススメするビタミンC食材はゆずだそうです。疲労回復に効果的な食べ方は塩ゆずだと言います。

 

塩ゆずの作り方&レシピ

1、水洗いした柚子を皮ごとみじん切りにする
2、ゆず1個に対し小さじ1杯の天然粗塩を混ぜる
3、密封できる容器に移しかえ冷蔵庫で1日寝かせる

1日大さじ1~2杯を食事に合わせて摂りましょう。ビタミンCは加熱に弱いので温かい料理に加える時は最後にトッピングすると良いそうです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい(スパム対策)