保険金目的で2人の元夫を殺害した女|世界のコワ~イ女たち

TBSテレビの「世界のコワ~イ女たち」最強!倍返し女スペシャルで保険金目的で2人の元夫を殺害した事件について放送されました。

 

2004年7月、保険金目的で2人の元夫を殺害した中山智子(仮名)が逮捕されました。2004年12月、地方裁判所で初公判が行われ殺人2件、恐喝2件、詐欺1件で起訴されました。

 

中山智子は23歳の時に結婚。しかし、夫は毎晩飲みあかしギャンブルにおぼれサラ金に手を出していました。結婚から6年で離婚。その後、5歳年下の建築士、坂上昭夫(仮名)と再婚しました。時はバブル。夫が立ち上げた会社は勢いにのり事業も拡大していきました。ところが、バブルが崩壊。次々と取引を打ち切られ資金繰りが悪化。会社は火の車に。そして2度目の離婚をしました。

 

中山智子は生活費を稼ぐためホステスとして働き始めました。派手好きの中山智子は豪遊し借金を重ねていきました。そんなある日、別れた夫の母親に呼び出されました。元夫が排ガス自殺をはかったのです。退院後、元夫に睡眠導入剤を飲ませ殺害。中山智子が元夫が自殺未遂をした時の遺書を出したため警察は自殺と断定しました。保険金1億2500万円が中山智子に支払われました。

 

この保険金で中山智子は自分の店を開きました。中山智子は金払いのいい客と次々と関係を持ち店は繁盛。1999年6月、中山智子は3度目の結婚をしました。相手は9つ年上の不動産会社役員の木下博(仮名)。店の常連でした。木下は重い病気を患っていました。大量の酒を飲み風呂に入った木下を風呂に沈めて殺害。結婚からわずか半年の凶行でした。飲酒による事故死と判断されました。木下にも1億円の生命保険をかけていましたが、契約時に病気を隠していたため保険金は2700万円しか手に入りませんでした。豪遊生活で借金まみれだった中山智子には全く足りない金額でした。

 

お金に困った智子は過去に関係を持った男に妊娠して中絶したとして恐喝しました。この手口で9人の男から数百万円ずつ奪い取りました。しかし、智子に脅された男の一人が警察に通報。逮捕され中山智子は無期懲役になりました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。