関節が壊れる腱鞘炎とドケルバン病・ばね指|モーニングバード!

テレビ朝日の「モーニングバード!」アカデミヨシズミで腱鞘炎について放送されました。四谷メディカルキューブ手の外科の平瀬雄一さん30年のキャリアを持つ腱鞘炎のエキスパートです。手首から指先にかけて伸びる腱の働きで私たちは指を曲げたり伸ばしたりすることができます。そんな腱が滑らかに動くように腱鞘というトンネルの中を腱が往復する仕組みになっています。腱鞘炎とは手を使いすぎてしまうことにより、腱と腱鞘が激しくこすれ炎症を起こしてしまう病気です。中でも特に注意すべき2つのタイプの腱鞘炎があります。

 

ドケルバン病

親指を頻繁に広げたり伸ばしたりすることで手首が痛くなる腱鞘炎です。親指を酷使すると、それにつられて手首の腱と腱鞘が激しくこすれ合い炎症が発生。強い痛みが出てしまうのです。暮らしを便利にしている携帯電話やパソコンも腱鞘炎を招く新たな要因となっているのです。

 

ばね指

包丁を握る、おろし金を使う、雑巾を絞るなど、ばね指は握る動作を繰り返すことで起きる腱鞘炎です。多くは指の付け根部分の腱が腫れ上がるのですが、指を伸ばそうと炎症部分を無理やりトンネルに通そうとすると指がバネのように急に伸び激痛に襲われます。

 

関節が壊れる新腱鞘炎

腱鞘炎は最近の研究で新事実がわかってきました。女性は40代後半を過ぎると女性ホルモンのバランスが崩れ、腱の炎症が慢性化してしまいます。その結果、壊れた腱が指の関節を常に引っ張ってしまい骨同士がぶつかり合うため最終的に関節が壊れてしまうことがあります。

 

腱鞘炎の治療法

ステロイド注射は腱の炎症を抑える効果があり、約8割に症状の改善が見られます。しかし、それでも痛みが残る人は腱鞘を切開し、腱を通りやすくする腱鞘切開手術が行われます。