秋田県が学力テスト1位な理由|月曜から夜ふかし

日本テレビの「月曜から夜ふかし」で秋田県が学力テスト1位な理由について放送されました。文部科学省が行っている全国学力テスト。小中学生を対象に毎年行われるこのテストで秋田県が2年連続1位を獲得しました。実は秋田県の学力が上がってきたのはここ6年ほど。秋田の学力は昭和30年代には全国最下位レベルでした。それがなぜ学力トップになったのでしょう。

 

秋田の授業は少人数

そもそも秋田県は県そのものが少人数なのですが、小中学校のクラスは約30人。算数や理科など苦手な子供が多い授業では20名以下まで減らして学習させます。

 

国語、算数、理科、社会+読書

秋田県には一斉読書という特別な授業があります。現在、秋田県の中学生の読書率は全国1位。読書は勤勉な人格をつくり様々なことを学ばせてくれます。ちなみに読書率最下位は大阪府です。

 

教育専門監制度

教育専門監とは県から教えるのがウマイと認められた先生のこと。教育専門監になると、担任を持たず県内のあらゆる学校で授業を行います。これにより生徒たちはより質の良い授業を受けることができ、先生たちも教え方を勉強することが出来るのです。

 

秋田県は晴れ日数全国最下位

1年の約半分が深い雪に覆われ快晴日数はたった9日。外で遊べない子供たちは家でテレビやゲームに熱中するのかと思いきや勉強をします。秋田県は小中学生の自宅学習率が全国1位。一方、長時間テレビ視聴率は全国45位。ちなみに長時間テレビ視聴率が全国1位なのは大阪府です。当然自宅学習率も最下位。ゆえに学力テストの全国45位。

さらに秋田県といえば「なまはげ」。ことあるごとに「悪い子はいねぇがー」と脅される秋田の子供は真面目に育ちます。そのため早寝早起きで秋田県の睡眠時間は全国1位。また小中学生の朝食摂取率は全国2位。さらに小中学生の携帯電話所有率は全国最下位。そんな子供たちの真面目さは大人になっても変わりません。秋田県はNHK受信料の支払い率が全国1位。犯罪率は全国最下位。刑法犯検挙率は全国2位。勉強に集中できる環境が整っているのです。ちなみに大阪府は早寝早起き率全国最下位、朝食摂取率も全国最下位、NHK受信料の支払い率は全国46位、犯罪率は全国1位、刑法犯検挙率は全国最下位と勉強どころの話ではないのです。

 

秋田県どんどん人がいなくなる問題

学力優秀な秋田ですが、それはまた別の問題を引き起こします。学力優秀な子供たちはいつか大空へ羽ばたいて行ってしまいます。現在、秋田県の人口減少率は全国1位。年間1万人のペースで人が減っているのです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。