ツナ缶食べて寝るだけダイエット|その原因、Xにあり!

フジテレビの「その原因、Xにあり!」でツナ缶食べて寝るだけダイエットについて放送されました。

 

やせたいのについつい食べてしまう原因は満腹ホルモン(レプチン)の減少にあると言います。レプチンとは、食事をすると分泌される物質で、脳の視床下部にお腹いっぱいになったと合図を送ります。食欲にブレーキをかけて食べ過ぎを防いでくれるホルモンなのです。しかし、過度なダイエットや生活習慣の乱れによって満腹ホルモンが減ってしまい、ついつい食べ過ぎてしまうのです。

 

満腹ホルモンを増やす方法①睡眠

睡眠時間が多いほど満腹ホルモンは増えます。目安は1日8時間以上です。食欲を抑えるためには8時間以上の睡眠がおすすめです。

 

満腹ホルモンを増やす方法②ツナ缶

たんぱく質を多く摂ることで満腹ホルモンの量を増やすことができます。たんぱく質の中でも特にオススメなのが動物性たんぱく質です。中でもカロリーが少なくてオススメなのがツナです。ツナは糖質も少なくダイエットに効果的な食材と言われています。ただし、ツナ缶を沢山食べれば良いというものではありません。たんぱく質を吸収できる量には上限があるからです。1回の食事で体内に吸収されるたんぱく質の上限は約30gです。ツナ缶の場合、1日の目安は2缶です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。