珍鳥キーウィ|ダーウィンが来た!

NHK総合テレビの「ダーウィンが来た!生きもの新伝説」で珍鳥キーウィの飛ばない秘密について放送されました。ニュージーランドに住むキーウィは鶏ほどの大きさで丸い体つきをしています。果物のキウイフルーツはキーウィから名づけられました。キーウィは絶滅危惧種に認定され野生ではめったに見られません。活動するのは夜の森。空を飛ばず地面を走り回って暮らしています。

 

昼間、キーウィは木のうろや地面に掘った巣穴で眠っています。特徴的なくちばしは長さ10cmもあります。そしてその根元にはヒゲのように変化した羽が沢山はえています。感覚毛といって暗い中でもこれに触れれば周りの様子を察知できます。キーウィの翼はわずか5cm程で先端には爪が生えています。一方で足はとても大きくがっしりとしています。キーウィは空を飛ぶのをやめた代わりに太くたくましい足で地面を歩くようになったのです。キーウィはミミズや虫などを主食にしています。鋭い嗅覚で土の中や枯れ木に住む獲物を探します。そのためくちばしの先端に鼻の穴がついています。

 

キーウィは夫婦になるとオスとメスは同じ巣ですごすようになります。キーウィの卵は重さ400gにもなる超ビッグサイズ。メスは産卵するとすぐに卵をお腹の下に入れて温めます。しかしその後、ヒナが生まれるまで卵を温めるのはオスの役目。80日間も抱き続けるのです。ひなは生後3週間程までは生まれた巣のそばで過ごし親の縄張りの中で食べ物を探します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。