大場久美子が朝ホットヨーグルトダイエットとクーガーダンスで-4.5kgの減量に成功|ビューティー・コロシアム

フジテレビの「ビューティー・コロシアム特別版 女性芸能人真剣ダイエットSP7」で大場久美子さんが朝ホットヨーグルトダイエットに挑戦していました。大場久美子(おおばくみこ)さん(54歳)は「一億人の妹」のキャッチコピーで1977年にデビューし、歌にドラマに大活躍した国民的アイドルです。しかし、現在はでろんとはみ出したお肉で見る影もない状態に。大場久美子さんはネットで「劣化した」などと言われていることに傷つき芸能界引退も考えたそうです。そんな大場久美子さんがビューティー・コロシアムで本気のダイエットに挑戦しました。

ダイエット前の大場久美子さんの体形は身長152.4cm、体重50kg、ウエスト73cm、体脂肪率32.7%でした。

 

大場久美子さんに用意されたダイエット法は朝ホットヨーグルトダイエット。食事前に120gのヨーグルトを温めて食べるというものです。朝ホットヨーグルトダイエットを推奨するのはアジア乳酸菌学会連合会長で東北大学大学院の農学博士、齋藤忠夫(さいとうただお)さん。ヨーグルトの中のカルシウムは血液中の脂肪酸と結合し、脂肪細胞への取り込みを阻害してくれると言います。日本人の肥満の原因の一つがカルシウム不足。日本人は1日650mgのカルシウムが必要ですが、平均摂取量は507mg。人間の体はカルシウムが不足してしまうと脂肪を蓄えようとする副甲状腺ホルモンを血液中に分泌し腸から脂肪を必要以上に吸収するため太ってしまうのです。そんなカルシウム不足を補いながらダイエットできるのがホットヨーグルトです。

 

ホットヨーグルトの作り方は市販のプレーンヨーグルト120gを電子レンジ(500W)で約30秒温めるだけです。出来上がったホットヨーグルトを朝食前に食べるだけでOK。ちなみに1日120g以上食べてもダイエット効果は変わらないそうで、食べすぎには注意です。

 

ヨーグルトはなぜ温めると良いのでしょうか。齋藤忠夫さんによると、温められたヨーグルトは腸管の機能を向上させカルシウムの吸収率を向上させるそうです。また空腹の状態で食べるとカルシウムが腸管から非常に吸収されやすいと言います。朝ホットヨーグルトダイエットでは食事は3度好きなものをOKです。ただ、腹八分目まで。アルコールはビールやワインなら1日1杯程度は飲んで大丈夫。とにかく簡単なダイエット方法なのです。

 

しかし、大場久美子さんは途中で体重が落ちなくなってしまいました。原因として考えられるのは筋肉が少なすぎること。そこで大場久美子さんはクーガーダンスを取り入れることに。カリスマダンサーの坂見誠二(さかみせいじ)さんが編み出したクーガーダンスは、ニューヨークの最新ダンスをアレンジしたもので筋力アップと全身引き締め効果が期待できると言います。

 

お腹と二の腕が痩せるクーガーダンスのやり方

1、両手を前に出し頭は真っ直ぐ前を見て左右にゆっくり腰をひねる
2、手のひらを外に向けるのがポイント
3、運動は1日3回、1回3分やるのが理想

 

3ヶ月の朝ホットヨーグルトとクーガーダンスで大場久美子さんは体重45.5kg(-4.5kg)、体脂肪率28.9%(-3.8%)、ウエスト59.8cm(-13.2cm)になっていました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。