スーパー大麦でヤセ菌を増やすダイエット|腸を知って身体のお悩み解決

フジテレビの「腸を知って身体のお悩み解決SP」でスーパー大麦でヤセ菌を増やすダイエットについて放送されました。

アメリカ・ワシントン大学の研究で腸内細菌にはデブ菌とヤセ菌があることが分かっています。デブ菌を減らして腸内環境を良くすれば、肥満は解消されるのです。そんな中、デブ菌を減らしてヤセ菌を増やすスーパーフードが日本に初上陸しました。その名もスーパー大麦。スーパー大麦とは肥満や大腸がん患者の増加が社会問題となっていたオーストラリアが国をあげ10年かけて作り出した最強食材です。

スーパー大麦に含まれる食物繊維の量はごぼうの約5倍。スーパー大麦には腸内細菌の良いエサとなるフラクタン、β-グルカン、レジスタントスターチという3種類の食物繊維が含まれています。この3つの食物繊維は消化される時間に差があるため、腸内の異なる場所で力を発揮します。フラクタンは腸の入り口で働き血糖値の上昇を抑えたり、脂質の吸収を抑えてくれます。ベータグルカンは腸の真ん中で働き、ネバネバした性質で糖質の消化吸収を抑えてくれます。レジスタントスタージは腸の奥で働き、痩せ菌のパワーをアップさせて腸内環境を改善してくれます。これら3つの食物繊維の時間差作用こそスーパー大麦のすごいところなのです。

 

芸能人が腸活ダイエットに挑戦

八代亜紀(やしろあき)さんとやしろ優(やしろゆう)さんがスーパー大麦腸活ダイエットに挑戦していました。方法はスーパー大麦入りのグラノーラを朝食の最初に50g食べるだけです。2週間の腸活ダイエットでやしろ優さんは体重が82.6kgから80.1kgに減少していました。ウエストは100.9cmから94.6cmに。腸内環境も改善していました。八代亜紀さんは2週間では-0.3kgしか痩せませんでしたが、3週間目で-1.6kgになっていました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。