自律神経の整え方 日めくりカレンダーで瞑想|世界一受けたい授業

日本テレビの「世界一受けたい授業」でイライラや落ち込みを解消!?自律神経の整え方が放送されました。室内外に激しい温度差がある夏の時期、大きく乱されるのが自律神経です。自律神経とは呼吸や心臓の動き、体温の調節など、自分の意思ではままならない体の機能を司るもの。心拍数を上げ気持ちを興奮させるのが交感神経、心拍数を下げリラックスさせるのが副交感神経です。交感神経が高すぎると陥るのがパニック障害。一方、副交感神経が高すぎるとうつ状態になる危険性があります。大切なのは2つのバランス。どちらが高すぎてもダメなのです。しかし、ストレスがたまりやすい現代社会では交感神経の高い人が多く、また男女ともに年齢が上がるにつれ副交感神経の活動量が落ちることが分かっているのです。

1、椅子に浅く腰掛け背筋を伸ばす
2、肩の力を抜き手は膝の上にのせる
3、両足はしっかり床につける
4、5秒かけて鼻からゆっくり息を吸う
5、10秒かけて口からゆっくり息を吐く
6、これを5回繰り返す

ここから自律神経を整える瞑想トレーニングを行います。

小林弘幸先生が作ったカレンダーをめくると、写真と3つのキーワードがセットになっています。写真とキーワードを組み合わせて想像でドラマのストーリーを作ります。ゆっくり目を閉じて先ほど考えたストーリーを頭の中で再生。おだやかな気持ちで30秒ストーリーを瞑想します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい(スパム対策)