紫外線に強い肌を作る入浴法|たけしのみんなの家庭の医学

ABC朝日放送の「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」で紫外線に強い肌を作る入浴法について放送されました。ヒートショックプロテインとは、熱刺激などによって体内で増加するたんぱく質のことで、とても重要な役割を担っています。通常、ヒートショックプロテインは細菌感染などによって細胞が傷ついた時に作られ、傷を修復する働きをします。近年の研究で、このヒートショックプロテインをより増加させることで傷ついた肌細胞の修復力が高まり紫外線に強い肌に変わる可能性が分かってきたのです。そしてヒートショックプロテインを増加させる簡単な方法があるお風呂の入り方です。その入浴法は3日に1度で良いと言います。

ヒートショックプロテインは熱刺激によって増加するたんぱく質のため毎日お風呂に入っていると体が熱に慣れ、増えづらくなってしまうのです。ヒートショックプロテインがピークをむかえるのは入浴の2日後で、3日目から緩やかに減少を始め約1週間で元の量まで戻ります。そこで、下がり始める3日目のタイミングで再びお風呂に入り熱刺激を与えることでヒートショックプロテインの減少に歯止めをかけることができ、体内に常にヒートショックプロテインが潤沢にある状態を保ち続けられるのです。

ヒートショックプロテインを増やす入浴法

・3日に1度のお風呂、他の日はシャワー
・41℃のお湯に15分浸かる
・脱水を避けるための水分を用意しておく
・無理せずに休憩をはさみながら入浴する
・シャワーの日の温度は37℃
(ぬるめにすることで41度のお湯に慣れるのを防ぎ熱刺激の効率を保つ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい(スパム対策)