廃墟になったギリシャの村 ロポト|ザ!世界仰天ニュース

ギリシャの山間部にある小さな村ロポトは、数年前までは学校があり子供たちの楽しそうな声が聞こえていました。村の中心にある教会はいつも多くの人が集まり憩いの場でした。しかし、この平和な村に誰もが予想しない事態が襲い、今では誰もいなくなりゴーストタウンと化しました。

 

村に何が起きたのか?

最初に災害が起きたのは2012年です。地下にたまった大量の水が災害を招いたんです。(ロポト村に住んでいたヨーゴス・ロービーズさん)

 

実は村が崩壊した原因は雨水や地下水がたまり過ぎたことにありました。もともと水はけが悪く水分を多く含んだ地盤でした。

 

そして2012年、大雨が続いたことにより、さらに緩くなった地盤がついに崩れ始めたのです。地すべりは今も続いており、1回の異変で約15cm沈み込みます。そのスピードが緩やかなため怪我人や死者は出ていませんが、人々は村を離れざるおえなくなりました。

 

ヨーゴスさんによると、これだけの被害が出ているのに政府はいまだに調査すらしようとせず、村人たちには救済金も支払われていないそうです。

 

「ザ!世界仰天ニュース」
廃墟になったギリシャの謎の村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい(スパム対策)管理人からの返信はありませんがお気軽にコメントしてください。