コダーイ・ゾルターンの「ハーリ・ヤーノシュ」|ららら♪クラシック

「ハーリ・ヤーノシュ」はもともとオーケストラのために書かれた曲です。吹奏楽に編曲された版が中学や高校の吹奏楽コンクールで人気曲になっています。

 

大ホラ吹きのヒーロー

ハンガリーの作曲家コダーイ・ゾルターンの代表曲「ハーリ・ヤーノシュ」のタイトルになっている「ハーリ・ヤーノシュ」とは、ハンガリーの有名なおとぎ話です。

 

その内容は、主人公ハーリ・ヤーノシュじいさんが連日酒場で村人に語った若き日の武勇伝。オーストリアの王女を一目惚れさせたり、ハンガリーに攻め込んできたナポレオン軍を一瞬のうちにやっつけたなど、全てが真っ赤な嘘です。ハーリじいさんによる奇想天外な大ホラ話なのです。

 

しかし、ハーリじいさんはハンガリーではヒーローです。そこにはハンガリーの歴史が深く関係しています。

 

ハンガリーは、隣国オーストリアやナポレオン率いるフランスからの支配に長い間苦しんできました。その苦い歴史をホラ話で笑い飛ばしてしまうハーリじいさんは、ハンガリーの人々にとって愛すべき存在なのです。

 

コダーイはそんなおとぎ話を音楽で表現。6曲の管弦楽組曲として発表したのが「ハーリ・ヤーノシュ」なのです。

 

「ららら♪クラシック」
吹奏楽特集②ブラスで表現!ハンガリーの魂
~「ハーリ・ヤーノシュ」~



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい(スパム対策)管理人からの返信はありませんがお気軽にコメントしてください。