肌のポツポツ|世界一受けたい授業

日本テレビの「世界一受けたい授業」で肌のポツポツは梅雨に増える!?肌トラブルの改善法について放送されました。梅雨から夏にかけては一年間で最も顔にできるポツポツができやすい時期です。紫外線が強く、皮脂の分泌量が増えることや湿度が高く汗をかきやすいため肌へのダメージが大きくなりポツポツの原因になるのです。肌のポツポツについて解説していたのは藤田保健衛生大学教授の赤松浩彦(あかまつひろひこ)さんです。

 

汗管腫(かんかんしゅ)

目の下にできる肌と同じ色のポツポツ。中年女性に多く女性ホルモンが関係していると考えられています。良性のため体に害はありません。しかし気になる人は30分程のレーザー治療で取ることができます。大きさや量にもよりますが1回5000円~5万円。保険が効く場合もあります。

 

脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)

紫外線を浴びた皮膚が老化し肌の代謝が悪くなって出来ると言われています。早ければ30代でも発生します。日中は日傘などでなるべく紫外線を浴びないようにしましょう。

 

大人のニキビ

ニキビは10代の頃に出ると思っている人が多いですが、最近は大人でも出るようになってきています。ニキビは正式には尋常性痤瘡(じんじょうせいざそう)と呼ばれ、肌の一部が炎症を起こしている状態のこと。顔や背中の毛穴には皮脂腺といって皮脂を分泌して肌を潤す機能があります。しかし寝不足やストレスといったホルモンバランスの乱れなどが原因で、毛穴が詰まり皮脂が溜まってしまいます。その状態が白い小さなポツポツ「白ニキビ」の正体です。さらに皮脂がたまった毛穴の中でアクネ菌などが増殖し白いポツポツから赤いポツポツになった要注意です。毛穴が詰まった状態で炎症が起き、赤ニキビの中では皮脂がパンパンになってしまいます。そして限界を迎えると毛穴が破壊され陥没。毛穴自体がなくなってしまいスベスベした肌には二度と戻らない可能性が高くなってしまうのです。赤ニキビになったら病院に行きましょう。

日常生活で思わずついてしまうほおづえですが、ニキビなどの顔のポツポツにダメージを与えてしまうのです。頬やアゴを触ることで肌が刺激され毛穴が詰まり皮脂がたまってニキビのもとが発生。そこへほおづけなどで触り続けると、さらに刺激を与えてしまいニキビが悪化してしまうのです。ニキビ顔を作らないためには極力顔に触れないことが重要となります。

 

女性が要注意の怖いポツポツ

女性特有の顔のポツポツは多のう胞性卵巣症候群という排卵障害が起こってしまう病気のサインである場合があります。血中の男性ホルモンが増加することで発生すると考えられています。特に月経不順がある場合は要注意です。病院の薬を塗ってもなかなか治らない赤いポツポツが出てきた場合は皮膚科の先生に相談しましょう。

 

ポツポツ改善にコラーゲン

ひと昔前はコラーゲンは食べても意味がないと言われていましたが、1日5g以上摂れば肌のツヤや水分量を維持し、肌の健康に効果があることが近年の研究により明らかになりました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい(スパム対策)