骨ゆがみを1日3分でリセットする猫背改善&リフトアップエクササイズ|世界一受けたい授業

日本テレビの「世界一受けたい授業」で骨ゆがみを1日3分でリセットする方法について放送されました。紹介していたのは骨ゆがみリセット療法士、首都大学東京の竹井仁(たけいひとし)さん。寒さで縮こまった姿勢、運動不足の日々が骨ゆがみの原因になります。そしてこの歪みが筋力の低下を招き代謝を悪くし、やがて脂肪のつきやすい身体になるのです。

 

身体に酸素をとりこむには周りを肋骨に覆われた肺の中に多くの空気を取り入れる必要がありますが、猫背の姿勢だと肋骨の中がうまく広がらないため呼吸が浅くなり肺活量が低下してしまいます。体内に取り入れる酸素の量が少ないと基礎代謝に使われる酸素も減りエネルギー消費も少なくなって太りやすくなってしまいます。猫背の人は普段の生活でもカロリーを消費しづらく太りやすくなってしまうのです。

 

準備運動

1、左足を前に出し左手を上に伸ばす
2、身体を左後ろにひねる
3、右も同様に行い左右60秒ずつ2セット

 

猫背を改善するエクササイズのやり方

1、猫背のように前かがみになる
2、肩を交互に回しながら上体を起こしていく

 

顔周りの筋肉は僧坊筋、前頭筋から喉の筋肉まで1つに繋がっています。しかし、猫背になってしまうと顔が身体の上に乗っかっていない状態になり重力に負けてしまい顔のたるみにつながります。顔の筋肉は上に上げる筋肉と下に下げる筋肉が繋がっています。猫背になると下の筋肉が上の筋肉を引くことになり伸ばされていきます。硬くなっているのは下の部分。顔の上の筋肉をほぐすとさらに伸びやすくなってしまうのです。

 

エア顔マッサージのやり方

1、あごを軽く引く
2、口角を下に手のひらを当てる
3、手の力だけで上に持ち上げる(3秒×3回)
4、今度は顔の筋肉も手と一緒に持ち上げる(3秒×3回)
5、今度は手を顔につけず顔の筋肉だけで上に持ち上げる

 

上・横・パッチリ・エクササイズのやり方

1、胸をはり頭の後ろで手を組む
2、割り箸を口にはさみ口角を横に開く
3、口角を上に引き上げる
4、目をパッチリ開ける




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。