TCHと肩こり|駆け込みドクター!

TBSテレビの「駆け込みドクター!」でTCHと肩こりについて放送されました。TCH(Tooth Contacting Habit)とは上下の歯を接触させるクセのこと。普段、口を閉じている時上下の歯がどうなっているか知っていますか?実は上の歯と下の歯は触れ合っておらず、1~2mmの隙間が空いています。食事の時や会話で一瞬触れるだけです。歯と歯が触れる時間は1日20分以下だと言います。しかし、パソコンや携帯電話の操作など常に集中していると長時間に渡って上下の歯が触れ合うTCHに。TCHになると口を閉じる筋肉が緊張し続け疲労。歯が触れ続けることで肩の筋肉も疲労し肩こりが起こりやすくなります。

 

TCHの見分け方

歯が触れ合っていると頬の内側に白い線ができます。また舌の際の部分に歯の跡がつきます。これらがTCHのサインです。

TCHを放置していると首こり、肩こりがひどくなるだけでなく口を大きく開けられない顎関節症の原因になったり、歯周病を悪化させる原因にもなります。TCHの予防法は意識する習慣をつけること。目のつく場所に「歯を離す」といったメモを貼り付けるといいそうです。メモをみつけたらその場で深呼吸。歯を食いしばるクセが自然になくなっていくと言います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。