ダイエットする時のお風呂&お風呂で歯磨きで美肌|世界一受けたい授業

日本テレビの「世界一受けたい授業」で最新入浴法について放送されました。紹介していたのは大東文化大学准教授で温泉医科学研究所所長の早坂信哉さん。お風呂は目的によってその効果を最大限に発揮する温度が決まっています。例えば、運動や仕事などの疲れを残したくない時のお風呂の温度は42度。人間の体にはヒートショックプロテインと呼ばれる体の傷ついた部分を修復する万能のたんぱく質があります。このたんぱく質は体を温めた2日後に急増。そのベストの温度が42度。つまり激しい運動などをする2日前に42度のお風呂に10分程度つかるだけで筋肉痛になりにくくなるのです。

 

ダイエットしたい時は40℃で15分の入浴がいいと言います。37~38℃のぬるめのお湯だと胃腸が活発になり食欲がわいてしまいます。食欲を抑えるベストな温度は40℃なのです。だたし食前です。私たちの体は食後、食べたものを消化するために胃や腸に血液を集めます。そんな時、お風呂に入ると皮膚表面の血行が良くなるので、胃や腸に集まっていた血液が全身に分散され消化活動がスムーズにいかなくなり苦しくなってしまうのです。

 

眠気をさましたい時は43度で2分のシャワーがいいと言います。43度は交感神経を刺激する温度です。2分間あびることで心身が緊張して体が戦闘モードに入るのです。

 

また、お風呂の中で歯磨きをすると肌がキレイになると言います。人間の唾液の中にはパロチンという美肌ホルモンが含まれています。赤ちゃんがよだれをいっぱい垂らすのはパロチンの分泌が盛んだからです。しかしパロチンは加齢と共に減少。お風呂で体を温めてリラックスした状態で歯を磨き、口の中を刺激するとパロチンが出やすくなります。その結果、肌がキレイになるのです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。