はらすまダイエット|主治医が見つかる診療所

テレビ東京の「主治医が見つかる診療所」ではらすまダイエットについて放送されました。はらすまダイエットの考案者は日立製作所の日立健康管理センターの中川徹(なかがわとおる)医師。「日立の社員たちの腹をスマートにしよう」を合言葉に内臓脂肪を減らして生活習慣病を予防しようと考案されたダイエットプログラムです。それは体重の5%を減らすことを目標に90日間で食事や運動で減量しようというもの。体重80kgの人だと1日あたり約300キロカロリーを減らす計算になります。とはいえ、毎日の食事や運動から細かいカロリー計算をして減らすのは面倒くさい気もしますが、はらすまダイエットでは100キロカロリーで小分けにしています。使うのは中川医師が考案した「100キロカロリーカード」です。100キロカロリー減らすには普段の食事や運動をどうすればいいか分かるカードで、約300種類用意されています。ごはんなら茶碗2/3杯減らせば100キロカロリー減。バタートーストなら半分。ハンバーグだと4分の1。運動だとジョギング10分行えば100キロカロリー消費するといった具合。

 

番組では久保田磨希さんがはらすまダイエットに挑戦していました。ダイエット前の体重は79.2kg。久保田さんの場合、90日間で4kgの減量を目指すことに。1日300キロカロリー減らす計算になります。1ヵ月後、体重は76.25kgになっていました。