病気が原因で起きる金縛り|ためしてガッテン

NHK総合テレビの「ためしてガッテン」で病気が原因で起きる金縛りについて放送されました。金縛りを経験したことのある人は日本人の約4割と言われています。金縛りは脳だけ寝そこねた状態です。金縛りの時に怖いものを見るのは恐怖に関わる扁桃体が活性化し、怖い幻覚を作り出すからです。また何かが上に乗っていると感じるのはレム睡眠時の呼吸の乱れを胸の重みと脳が勘違いするからです。

 

金縛りになりやすい時

・不規則な睡眠時間
・長すぎる昼寝
・仰向け寝

 

病気が原因で起こる金縛り

オレキシン不足で起きるナルコレプシー
オレキシンは脳内の神経伝達物質の一つです。ナルコレプシーの患者は推定20万人。しかし病気に気づいている人は5%くらいしかいないそう。オレキシンが不足すると覚醒状態が維持できず日中に眠気が起きます。また夢スイッチの誤作動が起こりやすくなるため金縛りを起こしやすくなります。