アオサ&しいたけ 善玉コレステロールをアップする食材|主治医が見つかる診療所

テレビ東京の「主治医が見つかる診療所」善玉コレステロール大改善SPでアオサとについて放送されました。

 

アオサ

鈴鹿医療科学大学教授の鈴木宏治さんがすすめる善玉コレステロールアップ食材はアオサ。アオサとはヒトエグサと呼ばれる海藻の一種で、鹿児島では「オサ」沖縄では「アーサー」などとも言われ日本各地で親しまれています。アディポネクチンとは健康長寿に欠かせない重要なホルモンの一つです。傷ついた血管を修復する働きがあるため、心筋梗塞や脳梗塞など血管の病気を予防し、さらに善玉コレステロールをアップする働きもあると言われています。アディポネクチンを増やすために必要なのがマグネシウム。これを多く含むのが海藻類だと言います。その中でもマグネシウムが圧倒的に多いのがアオサ。つまりアオサでアディポネクチンが増えることが期待でき、善玉コレステロールのアップにつながると言うのです。

 

シイタケ

東京農業大学の江口文陽さんが善玉コレステロールアップとして注目している食材はシイタケ。しいたけに含まれるエリタデニンは血液中のコレステロールを変化させて、肝臓に取り込みやすくする働きがあり、その結果血液中のコレステロール値を改善すると言います。4000種類もあるキノコの中でもシイタケにエリタデニンが最も多く含まれているのです。エリタデニンはしいたけの鮮度が落ちると減ってしまうので新鮮なものを食べるのが大切です。1日の摂取量の目安は3枚以上です。1日3枚以上食べるのは大変なので、おすすめの食べ方は粉末シイタケです。乾燥シイタケをミキサーに粉末にすれば作ることができます。粉末シイタケは味噌汁やスープに入れて旨味をアップさせたり、炒め物に一振りしたりと手軽に使えます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。