リポポリサッカライド|世界一受けたい授業

日本テレビの「世界一受けたい授業」でリポポリサッカライド 第2弾が放送されました。第1弾については>>LPS(リポポリサッカライド)免疫力を高める夢の物質
リポポリサッカライドについて紹介していたのはリポポリサッカライド研究の第一人者である杣源一郎(そまげんいちろう)さんです。免疫力を高める物質として近年明らかになったのがリポポリサッカライド(通称LPS)です。免疫力を活性化させることで風邪、インフルエンザや花粉症にまで効果が期待できる夢の物質です。

 

免疫力が強いのは女性です。女性ホルモンにあるエストロゲンには免疫細胞の働きを高める作用があることが分かっており、男性よりも女性の方が免疫力が強いと言われています。平均寿命を見ても、常に女性の方が長いのも免疫力の強さが関係していると考えられます。一方、男性は一般的に免疫力が弱いと言われており、0~4歳の死亡率をみても男の子の亡くなる確率が高いです。過去3年のインフルエンザ患者数をみても常に多いのは男性です。

 

リポポリサッカライドは土や野菜の中にいる微生物の成分の一つで、人間が自分の体で作り出すことはできません。そこでリポポリサッカライドを含む食品を食べることによりリポポリサッカライドは粘膜を通じて免疫細胞マクロファージを活性化させます。マクロファージは病気の原因となる細菌や異物を食べてくれる細胞です、普段は私たちの健康を守ってくれています。しかし、不規則な生活やストレスなどでマクロファージの働きが弱まると病気になってしまうことがあるのです。リポポリサッカライドはマクロファージを活性化させ、常に臨戦状態にしてくれる働きがあります。つまりリポポリサッカライドを積極的に摂取することで免疫力が高まり病気になりにくい身体を作ることができるのです。風邪やインフルエンザの予防以外に、花粉症の抑制効果もあると言われています。

 

男性に多い病気では糖尿病に効果があると言われています。予備軍も含め成人男性の約4人に1人が悩まされている糖尿病。慢性的に高血糖が続くことにより体内にあるAGEsという物質が大量にできる状態です。これをリポポリサッカライドで活性化したマクロファージが退治してくれるのです。一方、女性に多い病気では骨粗しょう症の予防にも効果があると言われています。閉経後のホルモンバランスの乱れや加齢により、骨がスカスカになるリスクが高くなると言われています。そもそも骨は自ら骨を削り、新たに形成するなどして骨を維持している骨サイクルを行っているのですが、これが崩れ維持できなくなるのが骨粗しょう症。リポポリサッカライドはこの代謝に必要な細胞を活性化することができるため、正常な骨サイクルが促進されるようになるのです。さらにリポポリサッカライドは肌に塗ることで皮膚トラブルを改善する効果が期待できます。

 

実はリポポリサッカライドはエンドトキシンと呼ばれ悪者に扱われていた時期がありました。しかし近年、口や皮膚から摂取するぶんには害がなかったことが判明し、さらに様々な症状に対し良い効果が出ることが分かってきたのです。

 

リポポリサッカライド食材ベスト5

1位:玄米
2位:メカブ
3位:レンコン
4位:ヒラタケ
5位:岩のり

リポポリサッカライドは子供からお年寄りまで多く食べても問題はありません。子供の時から積極的に摂取することでアレルギーになりにくい体質になるという報告もあります。ただ一度に大量に摂取しても効果が増加するわけではないので、毎日リポポリサッカライドを含む食事を続けることが大切です。

 

そばもオススメ

外皮以外の全てが含まれた全粒粉のそば粉で作った十割そばは、1食分のリポポリサッカライド量が特に高いと言います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。