ショウガ 血管と血液を健康にするちょい足し食材|主治医が見つかる診療所

テレビ東京の「主治医が見つかる診療所」血管と血液を健康にするちょい足し食材SPでショウガについて放送されました。食品医学研究所所長の平柳要(ひらやなぎかなめ)医学博士が注目するちょい足し食材はショウガです。生姜は古くからインドや中国などでスパイスや薬として重宝されてきました。現在も漢方薬の約3割にはショウガが使われていると言われています。ショウガの成分が悪玉コレステロール値を下げたり、血糖値の上昇を抑え、血液を健康にすると言います。

 

ショウガは皮ごと擦る

平柳さんによると、ショウガの皮の近くには辛味成分のジンゲロールが多く含まれています。ジンゲロールが中性脂肪や悪玉コレステロールや血糖値を抑えてくれるのです。皮ごと使うのに抵抗がある場合はスプーンなどで皮を薄くそいで使うと良いそうです。

 

ショウガは加熱する

ショウガを加熱するとジンゲロールがショウガオールに変化します。ショウガオールには傷ついた血管を修復して血流を良くし、動脈硬化を予防する効果があります。

 

ガリにして使う

ガリはショウガの健康効果の他に酢の健康効果もプラスされます。酢は血管を拡張させ血圧を下げたり、血流を良くしたりする効果があります。

 

ガリの作り方&レシピ

1、密閉できる容器に米酢2リットルを注ぐ
2、砂糖200gとハチミツ60mlを加える
3、ショウガを好みの薄さに切ったあと塩をふる
4、沸騰したお湯に1分ほどくぐらせる
5、水を切り冷ます
6、甘酢に2~3日漬け込む
冷蔵庫で1年程保存できるそうです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい(スパム対策)