薄毛の新常識|健康カプセル!ゲンキの時間

TBSテレビの「健康カプセル!ゲンキの時間」で薄毛の新常識について放送されました。パサつく、脂っぽい、ニオイが気になるなどの髪のトラブルを放っておくと抜け毛を進行させてしまう場合があります。事実、自分を薄毛だと認めている人は成人男性の約3人に1人というデータもあります。

 

男性型脱毛症

髪の毛はあるものの何らかの原因で成長せず毛が細くなってしまうのが男性型脱毛症の特徴です。一般的に10本中2本以上が細い毛だと男性型脱毛症と診断されます。男性型脱毛症の原因は遺伝。特に母方の祖父から遺伝すると言われています。薄毛の原因は男性ホルモンと思われがちですが実はレセプターです。レセプラーは髪の毛の毛根部分に存在しますが、これだけでは薄毛の原因にはなりません。しかし血液に含まれる男性ホルモンが毛根に侵入すると酵素と結合してDHTという物質になります。このDHTがレセプターと結合すると髪の毛を作らなくするような信号を出してしまうのです。つまり薄毛と直接関係しているのは結合すると信号を出すレセプターの量であり男性ホルモンではないのです。レセプターがある位置は遺伝によって決まっており前頭部に多いとM字型、頭頂部に多いとO字型の薄毛になります。薄毛は遺伝による影響が大きいものの生活習慣によっても進行させてしまうことがあります。毛穴付近にある皮脂は皮膚を保護しますが、そのまま放置すると酸化して過酸化脂質に変わります。この過酸化脂質は細菌が繁殖しやすいため毛根付近の炎症の原因となり抜け毛の大きな要因に。

 

女性の薄毛

薄毛で悩む女性の3割は髪の毛が生えない期間が長くなり全体的に薄くなりがちです。主な原因はストレスです。ただし女性の場合、遺伝やストレスの他にも病気や偏った食事による栄養不足など男性に比べ様々な要因が考えられます。気になる人は血液検査がおすすめです。

 

育毛

フィナステリドは医師から処方される飲み薬でDHTの要因である酵素を撃退する効果があり、ほとんどの人の抜け毛が減ります。ただし効果があるのは服用している期間だけ。止めてしまうと元の状態に戻ってしまいます。また男性の性機能に関する副作用が2.9%あるという報告もあり、女性はさらなる副作用があるため服用することは出来ません。ミノキシジルは薬局でも買える塗り薬です。細くなった毛に作用し太くする効果があり女性でも使用できます。ただし、効果があるのは約60%と言われており、例え効果があっても塗るのを止めると元の状態に戻ってしまいます。

 

植毛

自毛植毛では薄毛になるレセプターが少ない後頭部や側頭部から頭皮と一緒に毛根の採取。そして毛根を髪の毛のない部分に移植。薄毛にならない毛を移植するため手術後も髪が抜けることがなく、そのまま伸び続けると言います。自毛植毛は保険適用外なので治療費は高額です。

 

髪の毛にオススメな栄養素

たんぱく質:髪の毛の基本成分であるケラチンの元になります
ヨウ素:髪の毛を増やすことはできませんが髪の毛を発育させる効果があります
ビタミンEとA:血行を良くし抜け毛を防ぐ効果があります