悪い血管を良い血管にする食べ物&運動|世界一受けたい授業

日本テレビの「世界一受けたい授業」で夏の血管トラブル!悪い血管を良い血管にしよう!が放送されました。脳梗塞は気温が下がる冬に多い病気だと思われがちですが、実は夏に最も発症している病です。また心筋梗塞も夏場に発症する危険が高いです。脳梗塞も心筋梗塞も血管のトラブルによって起こる病気です。血管は自覚症状がないまま徐々に老化していくのでとても危険です。硬くなった血管は血流の圧力に耐え切れず破裂する危険性が。良い血管と悪い血管について教えていたのは東京医科大学八王子医療センター病院長の高沢謙二(たかざわけんじ)先生。

 

良い血管と悪い血管

良い血管とは血管の壁が柔らかく薄いもの。脂肪やコレステロールが溜まっていない血管のこと。逆に悪い血管というのは壁が硬く内側にプラークと呼ばれるゴミが溜まっている血管のこと。プラークの正体は脂肪やコレステロール。その部分に血液の中に含まれる血小板が蓄積されていき血管が詰まってしまうことも。そもそも血管というのは3層構造になっていて、外側には神経がありますが内側には神経がありません。そのためプラークが溜まっても気がつかないのです。何かしらの病気が発症したタイミングで、ようやく血管に異常があったことに気がつくのですでに手遅れということが多いのです。そのため血管の病気はサイレントキラーと呼ばれています。

 

血管の老化を防ぐ食べ物

コーヒー
コーヒーに含まれるフラボノイドが血管に良いと言われています。フラボノイドには抗酸化作用があり血管を錆び付かせないようにしてくれます。1日2~3杯が目安です。

 

血管トラブルから身を守る運動

1、立ったままかかとを上げ下げする
2、1日2回、1回につき20回が目安
3、一緒に肩の上げ下げも行うとより効果的