彩羽真矢「元タカラジェンヌなのにコスプレアイドルになりたい!」|有吉反省会

日本テレビの「有吉反省会」に彩羽真矢さんが登場しました。彩羽真矢(あやはねまや)さんの反省は「宝塚歌劇団出身であるにも関わらず本気でコスプレアイドルを目指し所属事務所に迷惑をかけていること」です。彩羽真矢さんは2004年、90期生として宝塚歌劇団に入団。168cmという長身をいかし寅組で男役として活躍したあと、2008年に退団。宝塚出身の人は退団後、女優の道に進み成功するのが王道なため彩羽真矢さんの所属事務所も当然、女優・モデルとしての活躍を期待しました。しかしブログに人気キャラクターのコスプレ写真を載せるなどゴリゴリのオタクっぷりを発揮。そんな彼女に所属事務所の人は困っていると言います。しかし、彩羽真矢さんはローカルアイドルのライブに飛び入り参加するなど、ますます我が道を突き進んでいます。そんな彩羽真矢さんですが結婚しているそうです。地下アイドルになろうとしたものの、身長が高すぎ、年齢が高すぎ、肩書きが重いということで断られたそうです。