モートン病|主治医が見つかる診療所

テレビ東京の「主治医が見つかる診療所」でモートン病について放送されました。モートン病とは1876年にアメリカのトーマス・G・モートン医師が発見した足の病気です。足の指の付け根にある神経が圧迫や刺激を繰り返しうける事で炎症を起こしてしまう病気です。その症状は足の裏の指の付け根付近のごく狭い範囲にしびれや痛みがあらわれるのが特徴とされます。早期に治療できず悪化してしまうと炎症を起こした神経がコブのように固まる神経腫ができ激痛に襲われるようになります。その場合、神経腫を手術で取り除かなければ痛みのために歩く事さえ困難になってしまうのです。

 

モートン病の原因

モートン病は自分の足に合っていないハイヒールを履き続けたり、つま先立ちをする姿勢を長く続けている人に起こりやすいと言われています。足の指の付け根への負担がモートン病の原因なのです。

 

モートン病の特徴

足の裏の人差し指と中指の間か、中指と薬指の間のごく狭い範囲にしびれや痛みの症状が出るのが特徴です。先に消しゴムがついている鉛筆などでその付近を押してみて、もしその辺りを押した時だけしびれや痛みを感じる場合はモートン病の可能性があると考えられます。逆に足の裏の広い範囲を押してもしびれや痛みを感じる場合は違う原因が考えられます。いずれの場合も長期間症状が治まらない場合は足の専門医がいる整形外科を受診しましょう。

 

足のアーチを鍛えるタオルギャザー

1、タオルを一枚床に敷き椅子に座る
2、かかとしっかりと床につける
3、足の指を大きく開くように意識して指でタオル一枚をたぐり寄せる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。