バナナダイエットで-22kgの減量に成功したフリーリー|ザ!世界仰天ニュース

オーストラリアで話題となっているダイエット法がバナナダイエット。ブームの火付け役となったのはフリーリーさん(33歳)です。しかし、彼女が考えた特殊なバナナダイエットはとんでもない騒動に発展しました。

 

2006年、フリーリー(25歳)は肥満で悩んでいました。当時の彼女は体重73kgで、太っていると言われ何度もダイエットに挑戦しました。しかし、体調を崩したりリバウンドでさらに太ったりと失敗を繰り返していました。自暴自棄になってしまったフリーリーは、暴飲暴食を繰り返すように。

 

そんな時、ローフードピクニックを知りました。

ローフードピクニックとは食品を加工せず生のままで食べる生活をする人たちが集まって行うピクニックのこと

 

フリーリーは、ローフードピクニックに参加してみました。参加者の中に、ひときわ美しい女性がいました。彼女はフルーツしか食べない生活をしていると言います。フリーリーは、フルーツを食べれば彼女のように美しくなれるのかと考えました。

 

フリーリーの実家はバナナ園を経営していたため、バナナなら沢山ありました。その日からフリーリーはバナナだけを食べる生活を始めました。最初は1食につきバナナ5本と決めていましたが、過食になれた胃袋はそれでは満たされず、1食で食べるバナナの量は10本、20本と増えていきました。

 

1ヵ月後、肌や髪がキレイになり、体にエネルギーが溢れているように感じました。こうしてバナナだけの生活が辞められなくなったフリーリー。7年後には22kgも体重が減り51kgに。生活も明るくなったフリーリーは自らを「バナナガール」と名乗り、食生活をバナナダイエットとしてネット上に公開。すると、それがオーストラリア中で話題になり一躍有名人に。フリーリーがすすめているバナナダイエットには大きく3つのルールがあります。

 

1、食事の90%以上をフルーツにする
2、朝食・昼食は生の食品に限る
3、カロリーを気にせず満腹感を感じるまで食べる

 

フリーリーは1日で50本ものバナナを食べています。これはカロリーにすると約5000キロカロリーもあります。一体なぜこんな大量のバナナを食べてスリムな体型を維持できるのでしょうか?

 

もともと消化されやすいバナナですが、スムージーのようにジュース状にして飲むことで消化するスピードがさらに速くなります。しかし、量があまりにも多すぎるため体は栄養素の吸収が追いつかず、多くの栄養素を吸収しないまま排出していると考えられます。

 

しかし2013年11月、このバナナダイエットが世界中で大騒動になりました。妊娠中もバナナダイエットを続けていた妊婦が「赤ちゃんがいるからって脂肪を溜め込む必要はない」と発言。これに対し、世界中の人が彼女を批判。バナナダイエットの極端な食生活は胎児に良くないのではないかと、改めて安全性に疑問の声が上がったのです。

 

「ザ!世界仰天ニュース」
バナナ大量食いダイエット騒動



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい(スパム対策)管理人からの返信はありませんがお気軽にコメントしてください。