8時間ダイエット カロリー制限なし!運動なし!|健康カプセル!ゲンキの時間

TBSテレビの「健康カプセル!ゲンキの時間」で正月太り解消法~8時間ダイエット~について放送されました。正月太りですが、実は冬は寒くてちょっとしたことで代謝が上がるため脂肪を落としやす季節なのです。さらに正月についたばかりのつきたて脂肪は柔らかく水分が多いため代謝しやすいのです。しかし放っておくと積もり積もって繊維などと絡み合い落としづらい脂肪に。つまりお正月について脂肪は今すぐ落とすことが重要なのです。番組で紹介されたダイエット法はカロリー制限なし運動ないの8時間ダイエットです。

 

8時間ダイエットのやり方

午前7時に最初の食事をしたら8時間後の午後3時までには3食を済ませるというダイエット。また最初の食事が12時ならリミットは午後8時。生活スタイルに合わせて時間を設定しましょう。水分は1日2リットルと多めにとるのがポイント。特に食べない16時間はカロリーや糖分のないものをこまめにとりましょう。

 

8時間ダイエットの効果

8時間ダイエットの効果の秘訣は食べない16時間の空腹にあります。消化しないですむ時間が16時間あると、その間に身体は手持ちのたんぱく質を代謝酵素に使うことができます。体内ではたんぱく質から消化を司る酵素と代謝を司る酵素が作られています。しかし、その働きはどちらか一方に偏りがちです。食べ物が胃腸にあると消化吸収に必要な消化酵素が優先的に作られ代謝酵素はおろそかに。一方、食べない時間を長くとり胃腸が空の状態になれば代謝酵素が優先的に作られ脂肪を燃焼してくれるのです。つまり8時間ダイエットとは空腹で代謝酵素を操るダイエット法なのです。

 

8時間ダイエットの効果をさらにアップさせる方法

1、睡眠時間は7時間
7時間しっかり睡眠をとると食欲を抑えるレプチンが多く分泌されます。しかし睡眠不足の場合、レプチンが減少し食欲が増加。過食の原因になってしまうのです。また質の良い睡眠は一晩で300キロカロリー分の脂肪を分解する成長ホルモンの分泌を促進。つまり寝ながらにして痩せられるのです。

2、咀嚼
しっかり咀嚼することで満腹中枢が刺激され食べる量が抑えられるだけでなく、食後のエネルギー消費量が増加するという研究結果も。一口30回噛んで食べましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい(スパム対策)